心理カウンセラーとして開業できる


R0012633

ピンの心理カウンセラーとして独立就職するとして、都心ならば可能だろう。
様々なインフラ、特にIT系のものがローコスト・ノーコストで普及した現在、それらを最大限に活用するが、だからこそ核心となる部分をリアルで実施しなくてはならない。
それには、都会の人口密度やリアルなインフラがまだまだ必要不可欠。

固定費用をなるべくかけないスモールスタートが肝心。
これはITベンチャーと一緒の考え方だと思う。
Webサービスベンチャーや事業コンサルタントなどであれば、最初からかなりの事業規模までノマドワークでいけるかもしれない。
ノマドワークというのは固定オフィスを持たないということ。

しかし、カウンセリングには静かな場所や周囲に話を聞かれない環境というものが必須だろう。
調べてみると都心、特に東京都内などにはレンタルオフィス・スペースは結構あるみたい。
さらにメンタルヘルス関連のセミナーやカウンセリングに対象を絞っているような業者もいくつか見つかる。
このあたりのコストやクライアントとの関係・契約をうまく処理できるならば早い段階で場所を構える必要はないかも。
なにしろ、場所をどこに定めてもカウンセラーかクライアントのどちらかもしくは両者の移動という金銭・時間コストはかかってしまうはず。

あとはメールやチャット、Skypeなどの活用は是非すること。

2011-01-01 11:00

仕事するのにオフィスはいらない (光文社新書)
佐々木 俊尚
光文社
売り上げランキング: 1301
クラウドHACKS! ―同期と共有でラクチン・ノマドワークスタイル
小山龍介
東洋経済新報社
売り上げランキング: 107
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください