裏方仕事はクリエイティブ creative だ


SDIM0878

事務的な裏方作業や管理業務は地味で、誰にでもできて、別になくても困らないものと思われがちだが違う。
他のどんな仕事や業務とも同じく、事務やサポートは創造性がある。
創造性が要らないと考えるのは、その仕事を理解していないということだ。

なぜ創造性が必要か。

それはまず、コミュニケーションが必要だからだ。
およそどんな仕事でも人間が営むものであり、相手や対象も人間だ。
その関わりをうまく処理できなくては良い仕事はできない。

次に、変化への対応の必要性がある。
世の中、変わらないもの、変わらない状況というものはない。
良い変化は注意深い観察や工夫がなくては起こらない。
そこにはある人から見て地味なことでも創意工夫やその余地が無限にある。

悪い変化は予想やリスクマネジメントの能力と知識がなくては防いだり、最小限に留めることはできない。
一見、いつものように無事にイベントが進行し、終了したように見えても、その陰には無数のヒヤリハット、インシデント、アクシデントの芽があるかもしれない。
ハインリヒの法則を持ち出すまでもなく、用心する気持ちや備えがなくては生き延びることさえ難しい。
知らぬはその人ばかりという滑稽な状況は歴史にも多くある。

世の中、いい人ばかりではない、良いことばかりが起きることもない。
基礎やインフラ、裏方がしっかりしていなくては、表芸は成果を出すことができなかったり、まぐれ的に短命に終わってしまうだろう。

2011-05-13 06:00

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください