AKB48のように現場を踏む

SDIM0704

カウンセリング技術を向上させるためには、AKB48のようにとにかく実戦経験を積むのが一番良い手段です。

カウンセリングのベースには心理学や理論がありますが、最終的に成果を出す現場は実際にクライアントを目の前にしているときです。
カウンセリングはコミュニケーションであり対話です。頭でわかっていてもできないという状況がカウンセラーにもクライアントにも生じます。人生そのものを取り扱うような場面ですから正しい答えがあるわけではなく、出した答えの良し悪しや意味合いがあとで変わることもあります。
私としてはメンタルヘルスやカウンセリングの勉強をしているとは言っても、研究者や批評家というよりは、現場の実践家を目指しています。
それには現場での訓練(オン・ザ・ジョブ・トレーニング、OJT)が一番良い方法である、あるいは唯一の方法かもしれません。

アイドルグループのAKB48は秋葉原に専用の劇場を持って、原則として毎日公演をしているそうです。これは顧客というクライアントを事前に見込んで、まず「ハコ」「入れ物」を使いやすく確実に確保してしまうやり方で、劇団四季がロングラン公演を前提として専用劇場をつくってしまうことと似ています。

そこでは対価を取りながらファンというクライアントに対してプロとしての成果を出すことを求められます。
もちろん実戦に出る前に多くの訓練をしているでしょうし、そのメンバーになるためにはオーディションのような選定を受けているはずです。
それら事前の訓練や選定の部分はカウンセリングと似ていない面が多いのでしょうが、現場の重要性、現場経験がもたらす恩恵というものを考える上で参考になります。

やはり1週間に1件しかカウンセリングをしないのと毎日数件のカウンセリングをするのとでは得られるフィードバックの量が大きく違います。そして決まった結論がないカウンセリングという作業においては、常に変わり続けるクライアントや社会との関わりの中で舵取りをして、ときには微調整や妥協をしていく必要があります。

研究であれば過去の先人たちの知見を学び、一般化した「真理」を見出していくのが目標になるでしょう。批評であれば結果から、別の選択肢などを評価して改善を示唆すれば済みます。
しかし、それと現場の実践が重なる部分がどの程度あるかは現場で決まる話です。
後生大事に育てた理論や技術であっても、現場というもっとも適切な批判を受けなければその価値に説得力はありません。そしてとても有益な現場の反応という情報が得られる機会を避けるのはもったいないことです。

少々乱暴ですが、8割程度の完成度でも、まずベータ版を現場に投入し、あとはクライアントと一緒にニーズを合わせて拡張・調整していく、といった昨今のITサービスのような視点がメンタルヘルスにおいても活かせるのではないでしょうか。

2010-04-30 7a.m.

R1005805.JPG

誰のためにメンタルヘルスの勉強をするのか

IMG_0061

なぜ自分はカウンセリングを学んでいるのか考えることがあります。
それは自分のためです。自分が自分を知るためだと思っています。
他の人たちはなぜカウンセラーをやろうと思うのでしょうか。
まだあまり多くの人には訊いていません。

私は自分が、他人とカウンセリングをしたり、メンタルヘルスについて勉強したりしているのは100%自分自身のためだと思っています。
自己実現 self realization のため、ということです。
ただもちろん、そのために他人を犠牲にしたり、社会全体に反抗するようなことはしません。

自分のことや、自分という人間をより知りたいという強い思いが最近数年で高まってきました。つまりは自分にわからない部分がある、というか大半はわからないのです。
これは「自分の存在意義がわからない!」というような高尚で哲学的悩みという感じではなく、「たぶん一生が終わってもわからないことだらけだろうけれども少しでも多く自分や人間について知ることができたら面白そうだ」という好奇心が主となっています。

自分を知るためには自分をよく観察する必要があります。しかしそれだけでは不十分です。
人間は心理的にも物質的にも社会のなかで他者と共に生きています。望まなくても社会のなかに生まれ、自我・自意識が芽生える前にすでに社会から相当な分量の物質的・精神的なものを受け取ります。そしてそのやり取りが多くの場合、一生続いていきます。

ですから自分を知るためには他人を知る必要があります。社会を知らなくてはいけません。
だから私がカウンセラーをやり、心理についても勉強するのは結局自分のためなのです。
他人の言動を見て、それと自分を比べることによって気づくこともあれば、他人から直接に自分について教えてもらうこともあります。

自分のためにカウンセラーをやり、メンタルヘルスについて勉強するのですから、自分に害が生じるような無理は絶対にしません。
その前提の上で余力のようなものがあれば、それを利用してカウンセリングや勉強に時間やエネルギーを振り向けるようにしています。

人助けと称して、あるいは本気で思い込んで、自分が他人や社会に為していることやその結果に謙虚になれなかったり気付けなかったりすることが、とても怖く嫌に感じるから、私は「100%自分のため」と考えています。

2010-04-29 8a.m.

(追記 20110122)
(関連リンク)

自己実現 – Wikipedia

イチロー級のカウンセラーを目指さない

IMG_1118.JPG

私のメンターにはメンタルヘルス業界での権威もいます。その方について。

その方の教育や考え方はわかりやすく、画期的で、しかも教え方があまりに素晴らしいのは確かなのですが、ちょっと距離を置いて客観的に見てみると宗教の教祖様チックに思えるときがあります。実際にその方のファンやその信奉しかたを「カルト」っぽいと感じて嫌がる人もいます。

実際に私も、その方が確立してきている考えは、山で例えれば「チョモランマ」級、野球で言えば「イチロー選手」級だと思っています。孤高の伝説レベル、前人未踏の領域ではないか、メンタルヘルスの分野にノーベル賞があれば、その候補になるのじゃないかとまで感じます。

しかし、このような興味深い価値ある人物の周辺にも問題は起きます。
その方の後追いで、実力や考察がないままに単なる模倣に終始してしまう人間が多いことです。
その方を世界最高峰に例えたのですが、いくら努力しても誰もが登れるというわけでない高みに、登れると錯覚して猿真似的な無茶や無謀による失敗をしてしまう問題が出てきます。
メンタルヘルスの分野、そして心理カウンセリングには、技術や理論という、誰でもだいたい共通して身につけ利用できる部分もありますが、全人的な、その人自身の人間性や人生で勝負するしかない、自然に表れてしまう部分が多くあります。それを、そうと認識しないで他人の真似を単純に当てはめて、固執してしまうとトラブルのもとになります。

先人他者の教えを追体験するように学ぶことは大事ですが、そのときに見せられる景色があまりにキレイで、見せ方もとても上手いために、誰もが同じ景色を見ることができるし簡単なように思えてしまうのでしょう。しかし、実際は同じ山の同じ高さに登るには下積みが必要ですし、いくら努力しても誰もが最高峰に上がれるわけではないのが現実です。
イチローを目指す生き方は間違いではないですし、他人がそれを強制するのも禁止するのもおかしいのですが、同じ種類の最高レベルに皆が到達する必要はないでしょう。スポーツや競技の種類は無数にありますが、皆が皆野球をやり、同じポジションを争い、プロや大リーガーを目指すとしたら変な話です。

教え方に問題があるわけでもありません。その方は、メンタルヘルスやカウンセリング領域での、ハサミや包丁などのように便利な道具を紹介して、使い方のコツや訓練方法を説明しているだけとも言えます。そしてその教え方、見せ方が上手いので、誰もが急にプロの料理人を目指したり、できるような気になってしまうのです。
教わった人が別の場面で、ケガをしたりトラブルを起こしたりしても、基本的には教えた人間や、ハサミ・包丁といった道具に罪はないでしょう。
ただし、私個人的な印象では紹介する道具が、ピストルや爆弾のようなレベルのツールなので、一般社会と同じように規制や抑止などが必要で、慎重に扱うべきなのかもしれません。

その方も「守破離」の精神・観点をいつも持つようにと教えてはいるのですが、私から見て「守守守」という風に、常に変わり続ける状況に対応できなかったり、常に古びていく理論を不変の宗教教義のように考える人がいるのは残念です。

2010-04-28 7a.m.

カウンセラー泣かせのクライアント役とか言われても理解に苦しむ

R1004806.JPG

以前私がカウンセリングの実技評価試験のクライアント役をしたときの受験者から、ロールプレイ演技がすごすぎて驚きましたとか、慌てましたとか言われたのですが片腹痛く思います。

自殺念慮をも持っているようなクライアントへの対応をテーマにした実践的な試験ですから緊張度が高かったのは確かでしょう。
もしクライアントの演技にリアルさを感じたのならば、またとない良い機会です。試験という場ではありますが、実際の現場以外で自分の力を試すことはめったにできないからです。カウンセリングの訓練や経験の多くは現場で積むしかないのが実状です。

われわれとしても教育と試験が、内容として合致し連続するようにしています。実際のクライアントは試験でのロールプレイのようなものだと考えていますし、元々そのようなテーマ・想定で学習したはずです。それで試験で、驚いたり、思ったようにできずにショックを受けてしまうのは練習または実戦が足りていないだけです。

もちろん、試験でのクライアント役によっての違いなどは採点・評価において十分に加味し調整されているので、試験としては質を保っています。

このように「クライアント(役)が難しすぎた」と考えるのはなぜでしょうか。
一つには、そうして他人(外部要因)のせいにした方が自分の気持ちが楽だからです。失敗や不出来を認識してもそれについての自分の責任を軽くすれば対処しやすくなったり、諦めがついたりします。
責任についてのこの認識は自分に向くと、疲労につながります。メンタルヘルス不全やうつにもつながりますし、極端に場面や事象と結びつけば適応障害やPTSDになるような仕組みと共通する部分があります。

原因のもう一つは自己観察の不足です。訓練でも実戦でも、カウンセリングの良悪やクライアントとカウンセラー自身の心理などを常に観察し考える必要があります。
その観察やそのための経験・技術・コミュニケーションが足りないと、成功についても失敗についても、原因を内外に求めるバランスが悪くなります。

試験やカウンセリング現場で考えること、学べることにはキリがありません。その評価は続けていかなくてはいけませんし、自分自身と他者をうまく利用していく必要があります。

2010-04-27 7a.m.

日記はカウンセラートレーニングとして

R1005816.JPG

日記を書くことは、カウンセラーとしての訓練になります。
私が書いているのは「日記」というよりは「日誌」と言ったほうがいいかもしれません。
あるいは本当に雑多なメモ帳であり、「何でもノート」です。
元々はっきりと「日記をつけよう」とか「日誌として日々の記録を残そう」という意識はありませんでした。
思いついた簡単なアイデアや発見、しなくてはならないToDo、その日食べたものや読んだ本、観た映画まで「ありとあらゆるものを書いてもよい」ノートだと考えています。

なぜ日記や日誌をつけるのがカウンセラーとしての訓練になるのでしょうか。
それは、自分の思いを文章にすることによって、思考が進み、深くなり、新たな発見があるからです。
より自分を知ることによって、他人や世界を知ることの助けになるような気がします。

日誌と考えれば、いきなり自分の感情や思考と「向き合おう」などと構える必要はありません。事実や行動の記録でいいのです。
例えば私はこんな風に書いていったりします。

スタバに行った。
店員さんの感じが良かった。
テーブルががたついて、勉強がしにくい。
客商売の店のトイレはキッチリと掃除しておかなきゃダメだな。

後ろで男女が口げんかしてる。デート中みたい。
原因は何かな。聞きたくなくても聞こえてしまう。
どうも女性が、男性の女友達との仲を勘ぐっているらしい。
男の方に誤解されるような行動があったらしい。
でも男性は全然そんな気はない、の一点張りだ。
女性は納得しない。でも男性を責めているというよりは、ただもっと構って欲しい様子。
別にこのケンカで別れるということにはならなそうな雰囲気。
男性は、もう事実を否定するとかではなく話の角度だけ少しずらせばいいのに。
女性の方が男性への想いが強そうだから、勝負として見ると歩が悪そう。
男性は気付かなそうだが。

というように、取っ掛かりの事象のスケッチや思いつきから始まって延々とメモが続いてしまうことがあります。
こんなメモや記録が他人の気持ち、人間の感情の動きについて考えてみるきっかけ、訓練になります。
こういった練習がカウンセリングでの、思考や感情、心理の考察・理解に役立つと思うのです。

自分の思考を文字文章にして外部化することによって、頭の中だけで扱うだけよりも客観的に観察していくことができます。また、ときに日誌を読み返すことによって発見やひらめきが得られることもあります。意外な自分の性質や年単位での変化あるいは「不変さ」に気付くことが何回もありました。

こういったノートを2007年初めからですから、なんのかんの3年くらい、のほほんと書き続けています。
なかなか知人で、日記や日誌を書いている人は少ないのですが、世間一般にもそうなのでしょうか。

2010-04-26 7a.m.

もう1日8時間労働するのは馬鹿馬鹿しくないかい

IMG_2050.JPG

最近特に1日8時間労働を法的な基準として管理の根拠にすることに疑問を感じます。
自分の労働時間にもっと関心を持ちませんか。
本当に1日8時間、週40時間、あなたは働く、あるいは働かされなくてはいけないのですか。
時間はあらゆる人に取って平等に与えられた、最も貴重な資源です。
1日の3分の1を組織や社会に捧げて、あなたは十分な見返りや満足を得られていますか。

おそらく産業革命以降、教育や時間という概念、そして時計という時間管理のための道具が普及しました。
完全に一方的なものではありませんが、企業や雇い主は時間を管理して、労働者から「時間」という資源を買い取る契約を結ぶようになりました。一方的でないというのは、この契約は原則としては自由意思で結ばれるし、双方にメリットがあったからです。
多少の変遷や相違はありますが、今の近代国家で、企業や団体、行政が労働力を雇うときの基準はだいたい1日8時間、週40時間内外です。
しかし、この数字は慣習的に決まっているという性質や、雇用という形態が始まった頃の雇用者と被雇用者の知識や資産の格差による力関係などからきているものとみることができます。
その仕組みや基準ができてから200年くらいしか経っていないことや、現在の世の中が変化の速度をさらに速めていることも考えなくてはいけません。

全人類の中での比率で言えば、ナレッジワーカーと言われる、管理者や雇用者でなくても、時間を基準にして労働力を提供するのが適切とはいえない労働者は確実に存在しています。
十分な成果を上げたならば、残りの時間や人生は、別のことに使う権利があります。余暇に当ててもいいし、さらに労働して成果を増やすといった選択は自由でしょう。そこに多様性があることが大事です。

もちろん単純に、純粋な成果主義の推進を主張しているのではありません。世の中には時間にキチンと比例して成果が得られる仕事が多くあります。工業製品の生産にはそういった面が確かにあります。
また、単に時間を拘束されることが組織に対しての成果になる仕事もあります。
危機管理や軍隊の待機という仕事は、乱暴に言うとなんの生産も消費もしていない労働時間ですが、必要です。

労働者にとっても成果を厳密に測定されるよりは、時間を切り売りした方が精神的にも肉体的にも望ましいという考え方や状況もあります。
時給が決まっている雇用契約では、その契約した時間をしのいでしまえば、報酬を受け取るための条件の主な部分を満たしてしまうかもしれません。

世の中には数字などで明確に良悪を判断できるものがある一方、数値では表せない価値判断も同様に存在します。
しかし、仕事に限らず、プライベートでも、時間という資源に敏感になる必要があります。
費用対効果、時間対効果という視点は、必ずしも何かを変える結果にならずとも、常に意識するべき知恵でしょう。

2010-04-25 9a.m.

教育で一番大事なことは成功と失敗を経験させること

R1005471.JPG

教育をするときに一番大事なことは何でしょうか。
それは、被教育者に成功と失敗を経験させることです。
また、その成功と失敗についてはできるだけ実践・現場に近い状況や要素を体験させましょう。

例えば、カウンセリングのように知識や理論は学問として一大体系を築いているけれども、それと現場での実践との乖離が大きい仕事は、結局は現場から学ぶしかありません。
「そんなことはない、自分は学んでいたことがそのまま現場で役に立ったぞ」とか「やっていたことが実際にその場でもできた」という人もいるとは思いますが、それは運が良かったのでしょう。
現場からしか学べないとは言っても、新兵をいきなり戦場に放り込むような乱暴は許されません。
そこで事前の学習やインプットで気をつけられることのひとつ、それが「成功と失敗の学習」です。

実践・現場では失敗してはいけないし、失敗しないほうがいいのは確かです。
もちろん、現実には失敗することもありますし、その失敗からたくさん学べることがある、という意見も間違いではありません。

成功と失敗とは言っても、実際の現場とまったく同じようなものを用意するのは難しいことです。
あとで現場で学習とのギャップを感じて、「練習よりも大変で思ったようにできなかった」ということもありますし、「簡単過ぎて拍子抜けした」ということもあるでしょう。

必要なのは「適度な」成功と「適度な」失敗の両方です。
練習であまりにうまくいき過ぎて成功してしまうと、そのイメージが強過ぎて自信過剰になってしまいます。そして現場での失敗を認められなかったり、自分以外の要素に失敗の責任を押し付けてしまったりします。
一方、過大な失敗もいけません。心が折れてしまい学習や実践に対するやる気がなくなってしまったり、トラウマとなって行為ができなくなりその修復に時間や労力が必要になってしまったりすることがあるからです。

知識を身につけるだけで、実践につながらない勉強や学習は意味がありません。
「わかったつもりになっていたけれど、実際にやってみたらまったく勝手が違った」という事態はできれば避けたいものです。
そのために有効なのは知識のインプットだけでなく、アウトプットを必ず学習に組み込むことです。
実技・演習をさせるのがわかりやすいのですが、そうではなくとも議論をさせることや質疑応答を時間的にも量的にも十分にさせるのが良いでしょう。
制限時間のギリギリまでインプットに使ってしまい、アウトプットは各人の自主性や個人時間に任せるというのでは、うまくいかない方が多くなります。
せっかく費やしたインプットの時間や労力が無駄になってしまうかもしれません。

学校の勉強であれば、試験という成果確認の場が設けられている場合もありますが、世の中全体ではそのように成果をわざわざ確認してもらえる仕事は少ないですし、学習の後すぐに現場で成果を出すなり確認するなりしていくしかない仕事の方が多いでしょう。

現場での実践よりも効果的・効率的に学ぶことは難しいのですが、それでも事前の教育で「インプット」「アウトプット」「評価(成功と失敗)」をセットにして備えることを目指しましょう。

2010-04-24 9a.m.

アイデアを3つまでで我慢する

R1002519.JPG

皆さんはアイデアが連続して浮かんできたときにメモをうまく取れているでしょうか。
私はアイデアが次々に浮かんできても割りきって、憶えておくのは3つまでに諦めてしまうことにしています。

よく言われることですが、良いアイデアやToDoを思いつく状況というのは結構、メモを取るのが難しい場合が多いものです。
私の場合、風呂にはいっているときや自転車に乗っているときにひらめくことや大事な(でも急ぎでなかったり!)ToDo、タスクを思いつくことが少なくありません。

最近のライフハック系の情報や指南では、メモや筆記具をあらゆる場所や状態に合わせて準備しておくことや、ボイスレコーダーなどのツールを充実させることを勧めるものが多いようです。
しかし、なかなか道具や心掛けの準備までに至らず、独自の基準・限界を決めて「諦める」ことにしています。それが「3つまで」という制限です。

これは長時間アイデアを頭の中だけにストックしておかなければいけないような状況が私には今のところ少ないからできる対処だとは思います。
かくして子供のおつかいのように、頭の中や、ときには口に出してブツブツと唱えながら、次のチャンスのときにメモできるようまとめ直したりというやり方を試してみています。

2010-04-23 7 a.m.

宗教としての法律、宗教としての貨幣経済

IMG_1163.JPG

法律も貨幣経済も人間が信じる気持ちを拠り所にしている点は宗教と一緒です。
物理現象や時間の運行は、もう既に存在するものを人間が理解・解釈するしかない面がほとんどですが、法律などは人間が一から概念として発明し発達させてきたものと言っていいでしょう。

物々交換以外の手段として、貨幣という、価値を表す代替品を使うことにより、「経済」という価値の流動性・流通性が生まれました。
貨幣と貴金属、希少品などを同等に扱うなどの時代を経て現在は、実際に存在する物質や事象だけでなく、未来の価値までも含めた数値やデータが取引されるようになっています。

法律は時に、絶対的な「正義」を具現化したもの、「正しさ」を保証してくれるものととらえられます。しかし実際にそうでしょうか。
人間は集団化して社会をつくることで今現在の(発展した?)状態を手に入れました。集まることで環境にはたらきかける力が増えましたし、知識も積み上げてきました。人間という種を増やしてきて、それは今も続いています。
そして、その社会の中に必然的に生じてきた個々人同士、組織同士の不同意やいさかいを解決する手段や指針の一つとして法律や宗教がつくられたのでしょう。

法律というある程度以上多数の合意が得られる基準や、それを執行したりコントロールする司法や行政という仕組みができたことにより、個人などが一々考えたり争ったりして時間や労力、生命や健康を失うリスクを減らすことができています。
ただしあくまで法が目指すところと限界は全体最適なので、少数の人間が犠牲になったり、意見が通らず損をしたりすることもあります。
細かな部分まで個人個人の「正義」が同じなはずはありません。多分にその「正義」には普遍性の乏しい「感情」というものが含まれるからです。
結局、法をつくり、守るという了解を社会や個人がしているという前提によって、我々は日常生活の上で、初対面の人がいきなり殴りかかってきたりしないとか、自分の持ち物を他人が奪っていったりしないということを、より安心して信じ、その心配しなくて良い分のエネルギーや時間を別の仕事に向けることができるのです。

宗教もルールを体系化した法律的なものとみることができます。その律を破ることに対する罰の表現や運用などが違うだけです。
そして逆に、法律も宗教と同じく多くの人間が信じることでその効果が期待できる仕組みだということが言えます。

こう考えてくると世界や社会が今の状態で動的に維持されていたり、変化していったりしていることを、奇跡ととらえて感動していいのか、偶然と思って怖がった方がいいのかわからなくなります。

2010-04-22 7a.m.

背伸びを止めたら生きていけない(社会的な意味で)

R1001659

日本や先進国の国民が、「成長や改善はもういいからゆっくりしたい」と言うのはナンセンスで、「めいっぱいの努力を続けないと現状維持できない」というのが認識として適当でしょう。
人間の欲望の大きさや慣れという性質から考えて、いったん背伸びをして高い場所の物を使ったり眺めを楽しんでしまったからには、身体が楽をできるとはいっても、今さら地面スレスレに目線を落として生きることや、ちょっとしゃがむことには抵抗を感じると思います。

もちろん人間の可能性は無限ですから技術的・思想的イノベーションが生まれて、時代が明らかに変わるかもしれません。社会としてあえて成長ありきモデルを見直すなり、個人などのレベルで選択の自由を認める仕組みが整備されるかもしれません。
しかし、現時点では、社会が大きく良くなっていく速度があまりに速くなったために、地球上での乗り物のように空気抵抗などと拮抗してしまっているような感覚があります。
その世界ではアクセルを緩めれば途端にスピードが落ちますし、最高速度を維持するのには多くの燃料を必要とします。安全や本体のメンテナンスにも支障があるかもしれません。物理的常識から言えば燃費が悪いのです。
ただ、この状況それ自体が悪いというのではなく冒頭のように現在の速度や成長と費用対効果、つまり燃費のようなものとのバランスをうまく認識しているかが大事になります。

香山リカ氏と勝間和代氏の対談本を読みました。「現状維持・限界」思考の香山氏と「成長・希望」思考の勝間氏の考え方は相入れないものではなく、選択や多様性の自由を認めればなんの問題もないと思えます。しかし、現状の認識についてはできるだけすり合わせないと全体として必要な意思決定ができず、誤解や争いの種になります。
「そんなに努力を強要しなくても現状維持じゃダメなの?」という香山氏のような感覚には、その望みすらも実は高コストで危ういというイメージがありません。
「頑張ると皆のハッピー総和が増える!」という勝間氏の思想には確かにプレッシャーだけを感じさせられる人も多そうです。

メンタルヘルスの問題が社会として増えているとは言われますが、例えばストレスの種類のようなものは社会の成長や変化によって急激に変わっています。
社会や個人の成長が格差・コントラストの絶対値を増やすのは明らかですが、まずはその現状をできるだけうまく認識し、写しとった上で様々な議論した方が良いと感じます。

2010-04-21 7a.m.