認知行動療法は要因ではなく結果のように思える


20101216-01

効果を確かめるにはいくつかの手順が必要。

・endpointを決める。各種studyで揃える

QOL index、各種うつindexなどか?
臨床医学研究での癌マーカー、炎症マーカー、病理所見グレード、5年生存率、腫瘍体積、金銭コストなどのような基準を定める

・認知行動療法を用いた群と、用いなかった群でのrandomized controlled trial

何もしなくても症状などは改善しているのかもしれない

・相関関係は因果関係ではない

交絡の可能性など

2010-12-17 08:00

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください