料理が先か、食材が先か


20100911iphone4-7

どんな料理を作るかを先に決める。
それは、まず「カウンセリングで人の役に立ちたい」という気持ちが先にあって、あとからその技術を身につけていくようなものです。

また、また、まず目の前に食材があって、そこからその日のメニューを決める。
それなどは、なんとなく興味を持って心理学やカウンセリングなどを学んでいるうちに、実際の惨事や悩みの現場でそれらの技術が役に立ったという場合に当てはまるかもしれません。

どちらが正しいとか王道だということではないでしょう。

大事なこと、違い、本質は、そこにプロフェッショナルとしての精神があるかということや、最終受益者であるクライアント《料理を食べる人》の利益を最大化する仕事をするか否かということです。

2010-09-12 08:00

(関連エントリ)

メンタルヘルスの教育をするときに最終顧客を見すえる | deathhacks

思いが先か、ニーズが先か | deathhacks

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください