「小川の辺」とメッセージコントロールとストーリー


R1008807

映画「小川の辺」を観てきた。

映画「小川の辺」公式サイト

時代劇で、主要な登場人物は武家の人間だから、表情の変化や感情表現が少ない。
その分を演出の間や心象風景、身体の動きや声音で表している。
「名優系」の演技は、カウンセリングでのメッセージコントロールとは反対方向のコミュニケーションになる。
わかりやすいものではないが、通好み、というか時代背景や文化を知っていればいるほどストーリーが理解できる。

たとえば、兄妹と幼なじみかつ家族として暮らし育ってきたキャラクターの立場や考え方などは日本人であっても、想像しにくいかもしれない。
ましてや、時代劇や武士文化をまったく知らない外国人などは、かなり補足情報がないと楽しめないかもしれない。

2011-07-13 10:00

闇の穴 (新潮文庫)
闇の穴 (新潮文庫)

posted with amazlet at 11.07.13
藤沢 周平
新潮社
売り上げランキング: 2499
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください