笑いながら泣く、あるいは悲しくて明るい音楽


R0013648

表情や音楽は同時に反対の内容を伝えることができる。

話すことや文章では、どうしても「順番」という要素が含まれてしまう。

他人を評価して伝えるときに、良い点を伝えてからその後に改善点を述べるか、その逆にするかというノウハウがよく話題に上る。
それは、言葉というツールにとって「順番」が重要だからだ。

カウンセリングに限らないが、コミュニケーションでは使っているツールの性質をよく考え理解しておく必要があるだろう。

2011-09-15 13:00

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください