ペアカウンセリングの臨床研究へ – ペアカウンセリングその2


R0013121

  • ペアカウンセリングは、やはり興味深いし研究テーマになりうる
  • 研究として成立させるためには、堅く考えると倫理的審査が必要か?
  • 同一施設または同一のカウンセラーが、一対一のいわゆる従来のカウンセリングを行ったセッションとカウンセラーがペアで行ったセッションの比較
  • 途中での変更やリタイアの記録。従来法とペアの混在は許容する
  • カウンセリングの効果・成果判定はアンケートに依るしかないか?
  • アンケートはクライアントとカウンセラーの両者・両ロールに依頼
  • ペアカウンセリングによるクライアントからみた利点・欠点
  • カウンセラーとしてのスーパービジョン的効果および教育的効果

2011-03-02 07:00

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください