一緒に旅をできない人たち


R1007197

メンタルヘルス周辺の活動や現場でのカウンセリングをしていくのには仲間が必要です。
そしてその仲間の中では最低限度、共通の認識や技術、思いが必要です。

いくら志を同じくしても一緒に「旅」をしていくことができない人はいます。
それは別にその人が悪いとか、嫌いであるとかいうこととは別の話です。

もっと基本的な次元の話なのでしょう。
ある仲間が集まって相談して地球の裏側まで行って何かをしようということが決まったら、では飛行機を予約するかという話になるでしょう。
そのときに「私も仲間に加えてください。でも飛行機は苦手だし、お金がかかるから私は歩きで行きます」と言う人が来ても残念ながら一緒に行動はできません。
「体が弱いのであまり環境の変化には耐えられないのですが」とか「日本以外の食事や飲み物では過ごせません」とか言う人も同じです。
同じ方向や地を目指してもらうことは一向に構わないし自由ですが、「一緒の旅」はできないでしょう。

ドラゴンボールの人造人間編で餃子(チャオズ)が天津飯に「餃子は置いてきた。ハッキリ言ってこの戦いにはついてこれそうもない」と言われたようなものです。

2010-10-12 07:00

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください