自殺を阻むモノ

R0012244

自殺を最後の一線で止める要素はおそらく数少ないように思っています。
もちろん、見方によっては無限ともとらえられるかもしれませんが。
そして、いずれにしてもその内心について、生き残った人は積極的に語らず聞けずという面があり、死んだ人はそもそも語ることができません。

自殺を最後の一線で思いとどまらせる、というか躊躇逡巡させるモノの一つは恐怖です。
「死」というものはこの世で最も不可解な事象の一つです。
死んでから生き返って、死について説明した人間は人類史上ただの一人もいないからです。
「人間は必ず死ぬけれども一度しか死なない」というのは真理です。
「死」が分からないからこそ、多くの宗教や科学はその解明や説明を重要なテーマにしています。
死にたい人間にとっても死にたくない人間にとっても死というものに対する恐れは絶対的な力があります。

「死」に対する恐怖の少し手前には痛みや苦しみに対する恐怖があります。
個人的にはむしろ「死」そのものへの恐怖よりもこの「痛み・苦しみ」への恐怖の方が、少なくとも平常の人間にとっては重大だと思っています。
苦しみの回避は、一部の人間にとっては人生の大きなテーマです。
ですから、あの手この手で、意識的無意識的に、死のうとする人間は、この「痛み・苦しみ」への抵抗を減らそうと努力します。
アルコールを使う、眠りを利用する、危険を避けようとしない、自己催眠をかける、などの手段を並行的に使うことによってできるだけ楽に死に近づこうとします。

恐怖や痛み・苦しみという本能に近いモノ以外で死を拒ませるものには理性や合理、論理があります。
例えば「死にたいと思うのは(道徳的、宗教的な意味ではなく)間違いだ。だって一端生まれてきた生命がわざわざあらためて死を願うのは矛盾している」とか「何世代にもわたって変化・淘汰されてきた自分という最新の末端の生き物が不要なはずはない」というように考えることです。
このように考えることは、ある一定程度には有効ですが、自殺企図思考のかなり近くまできた状態ではあまり効果なく、予防もしくはリハビリというような状況に限ると思います。

2010-11-30 07:00

不潔がタブーになった理由

R1003972.JPG

人類は不潔、例えば排泄物による汚染や失禁などをタブー taboo と見なすことで、集団全体としてはメリットが大きくなりましたが、それによって個としては「恥」という感情、ストレス要因を作り出し育ててきました。

不潔や汚染は原始時代には、現代と同じようなレベルでは問題にはならなかったでしょう。
川や池の水を直接飲むのは普通の行為だったでしょう。
落とした食べ物や狩ったばかりで血や汚れなどが混じった肉を食べることは必要なことでした。
毎日風呂に入ったり、シャワーを浴びたりして、洗濯した衣類に着替えたりする生活・文化は人類の歴史で考えると非常に最近の変化によるものです。

全体の平均した衛生環境が悪い時代には「不潔」であることはあまり重視されなかったし、しなくて良かったのでしょう。
むしろ、環境の整備に手間をかけたり選んだりしていたら、生存の競争をする上で非常に不利だったのではないかと思います。

しかし、集団生活が洗練されていき、密集して生活し文化を形成していくと、自分や隣人が不潔、不衛生であることはマイナス面が大きくなってきました。
それまで、人類の生き死にに関わる大きな要素であったケモノ・外敵からの攻撃や極端な飢え、暑さ寒さなどの自然環境から身を守ることができるようになったのです。
次に、人類が対処したい、集団を脅かすものは病原菌でした。

病原菌は目に見えないため、近年にそのメカニズムが徐々に解明されてくるまでは経験則によって避けるしかないものでした。
人類は「経験的に」不潔なもの、臭いもの、などを避け忌み嫌うことを本能にプラスして、いや知能が発達したからこそ本能以外の部分でそれを学び継承する必要が出てきました。
そして、目に見えない、論理的に説明し記録することが難しい、でも重要な知恵を文化や社会規範、道徳、宗教などに混ぜ込むことによって「根拠は分からないけれど守るべきこと」として発展維持してきたのです。

ただし、現代では、最初にも書いたように「清潔にする」ことのマイナス面もあります。
今の日本である人が1週間程度入浴しなかったとしても、それだけで何か伝染病が流行るのに好ましい状況が発生するわけではないでしょう。
災害や惨事、戦争などの場面では失禁したり、不潔になったりすることは避けられないでしょうが、平常があまりに清潔なため変化に苦しんだり、互いに差別したり、困っていても心理的に隠そうとしてしまう傾向が生じます。

生物学的に見て不潔とか清潔とかいうものは相対的な評価軸ですし、不潔イコール悪ではありません。
しかし、知能や文化、物語を育んできた人類はそこに善悪や恥というような科学的ではないファジーな評価や感情を持ち込んでしまいます。

清潔にすることにメリットがあることは確かです。
が、良悪はあくまで、ある一点、一時期、合せる焦点によって変化するものですし、変わり続けます。
人や時代などによって価値評価は変わります。

2010-11-27 08:00

教える、教わる、の関係はむつかしい

IMG_0300

教える者と教わる者には技術や知識に格差があるため、徒弟関係、上下関係、主従関係のようなものを回避することは難しいでしょう。

(関連エントリ)
世の仕事は差分を利用している | deathhacks

知識や技術を教えることそのものの難しさとは別に教える側、教わる側の間に生じる人間関係、関係性を考えています。

冷静に考えると「教えること」それ自体は偉いことでも何でもありません。
教えることは、教える側にもメリットがある(はずだ)からです。
それは金銭的対価かもしれませんし、感謝を受けることかもしれません。
名誉や尊敬を得ることを目指している教育者もいるでしょう。
原則として、教えることを非選択的に強制されていないとすれば、有形無形の「報酬」を得る、(理想的状況とすれば)等価交換をしているはずです。

私個人としては、そして多くの人が気づいてもいますが、教えることのメリットは自らが勉強になることです。
教えることによって、その内容・技術・テーマについてさらに深く、広く、学ぶことができるのです。
もしくは「人に教えられるレベルになって初めてそれをキチンと理解した、自分のモノにしたと言えるのだ」ということなのでしょう。

教える者にも教わる者にも等しく、謙虚かつ卑屈にならない精神が必要です。
教える側は押しつけやひけらかし、知の押し売りをしてはいけません。
しかし、教わる側も遠慮する必要はないのです。

普段の私は、可能な限り「正当な」対価等価交換をする、人間関係やしがらみ・社会的義務感を理由にして個人のメリットを犠牲にはしない、ということが基本だと思っています。
しょせん、無理をして続ける価値のある関係や仕事は非常に少ないでしょう。

実際には知や技術のテーマの特性もありますし、人間関係(上下関係)を除くためには本にしたり、データ化デジタル化、公共物化するなどして属人性を薄めるしかないのかもしれませんが。

2010-11-26 06:00

世の中はデジタルでできている

R0012077

世界はデジタル、記号、1か0かの違いからできています。
一見アナログと認識されたり考えられているものでも物質や事象として分解していけば必ずデジタル(1か0か)で表現することができます。
感情や思考、健康など、そしてそれらが合わさった人生や文化、社会というものもデジタルととらえることができるはずなのです。

「はず」というのは時間や労力(エネルギー)などの制約があるためです。
すべてをいつでもデジタル-アナログに変換することは現実にはできないことです。

ただし、どこかにこの考え方を持ち、質(アナログ)と量(デジタル)が転換する部分を常に見極めようとすることが大事です。
カウンセリングやコミュニケーションでのメッセージコントロールであれば、いつどのタイミングで、どんな角度で、どんな周波数で、何回くらいうなずけば、相手に「結果として良い」メッセージが伝わるかという視点になります。

そこには感情やフィーリングというファジーでアナログな要素・判断しかないように思う人は多そうですが、科学的視点を入れようとするならばデジタルとしてとらえるしかないのです。
科学的視点には計測可能性や客観性、再現性が必須です。

  • 計測可能性
    観察と計測・記録ができること
  • 客観性
    誰が観察しても同じ結果になること
  • 再現性
    繰り返したならば同じ結果になること

例えば私が100mを20秒で走ったとしても、周りは特に何も思わないでしょう。
せいぜい「お疲れさまー」と感じるくらい。
しかし、同じ100mを10秒で走ったならば、日本中が注目するかもしれません。
そこには賞賛や親切、感動、金銭的価値などが生まれる可能性がでてきます。
でも考えてみると20秒と10秒というデジタルな違いしかそこにはありません。
おそらくある条件・状況の数字の違い(デジタル要素)に人間は物語を読み取るのです。
ただ100mを走るだけのことの背景に努力や栄光の未来など。

人生や感情と同じくカウンセリングやコミュニケーションはそれぞれ1回のみの勝負であることは確かです。
しかし、それを完全に行き当たりばったりのアナログ性や人間性、相性という角度だけで見ていては学問・科学としての蓄積・発展・共働はできません。

人生・カウンセリング・コミュニケーションに対してデジタル的視点を向けアナログ敵視点との接点やバランスを取るのが良いのでしょう。

2010-11-25 07:00

メールが増えたら電話も増えた

R0012088

メールを使いこなし、メールを増やしても、それによって電話や直接会ってのコミュニケーションの代わりとしたり減らしたりすることはできません。
私個人で言えば、メールが増えると同時に、電話をすることもかかってくることも、直接に会うこと、会わなければいけないことは増えています。
ただしこれは、単にコミュニケーションの量や頻度、必要性の総和が増えているからということも分かってはいます。

メールは十分に考えて、伝えたい内容・項目をうまく列挙できればとても有効なツールです。
お互いに記録も残ります。
一対多のの連絡手段としては唯一無二のツールと言っていいでしょう。
電話では基本的に一度に一人としか話せません。
テレビ放送は一度に多くの人に情報などを伝えることはできますが、相手をはっきりと選んだり限定することは難しいという性質があります。

ただし、メールで微妙なニュアンスを伴う内容を伝えようとしたり、一方の人間だけでも文章力、表現力が低い状況では悲惨な結果や残念なコミュニケーションが生まれます。
誤解が生じたり、感情がもつれたり、何往復もチャットのようにメールを書かなくてはいけない状況はメールをうまく使っているとは言えません。
電話1本かければよほどキチンと情報が伝わる、気持ちよく物事が進む、直接に会えばなおさら、という場面を見ることが最近増えました。

現代で、離れた場所で様々な時間帯で生活し活動している人間同士がコミュニケーションをして共に仕事をするためには会うこと、電話すること、メールすること、これら3つをうまく使い分けなければいけません。

ここに、ブログやTwitter、Skype、SNS、チャットサービス、クラウドストレージなどをうまく加えることができればさらに効率化は進みますが、対面・電話・メールとの間には大きな隔たりがまだまだあるのが現状です。

2010-11-24 06:00

プロの知識、能力、技術を持った素人は存在しない

IMG_0465.JPG

素人のニーズや考え、気持ちを理解しサービスするプロは存在する。
というかそれこそがプロの定義である。
あとはそのプロ個人が状況によって、自分が考えるプロとしての最適解に到達するべくワークアウトし続けるかどうかの問題があるだけ。

素人や一般人の感覚を取り入れるために非専門家を登用する、という手法は間違っている。
専門家でないものが主担当となって政治を動かすのは間違い。
うつの経験者が医師やカウンセラーなどに「当事者の気持ちは経験者にしかわからない。だから専門家でも限界がある」というのも的外れ。

カウンセラーなどは「クライアントの気持ちがわかった」と思った瞬間に失敗が始まっている。
クライアントの気持ちや思考、感覚がカウンセラーなどの支援者に伝わったかどうかは、どこまで行っても個別の案件だし、そのクライアント自身にしかわからない。
そしてそれをカウンセラーがいちいち確認したり、心配したりする必要性はとても少ない。

2010-11-23 08:00

資格は個人本人から熱望されるものでなければならぬ

R0012000

世の中、資格や称号は多くあります。
一定の基準で認定されるものもありますし、名誉職的に冠されるものもあります。
その地位や名称に実力や技術が伴っていないことは多々ありますが、名実を一致させる努力を避けたり、なし崩しにしてしまうことは気に入りませんし、とても危険です。

そこで立ち返るべき考え方は「技術の審査を公明正大にすること」と「資格を得ることのメリットを明確にすること」です。

「技術・実力を確かめる」ことは、その資格や活動が机上の学問でなく現場実践主義を標榜するならば当然の手続きです。
「公明正大」であることを放棄してしまったら、資格の価値・魅力はその集団全体で失われるでしょう。

「資格のメリット」ですが、これをハッキリさせることによって個人自らが研鑽し実力を鍛えた結果としての称号を得る動機が初めて生まれます。
名誉称号のように、与える側にも、または与える側にのみメリットがあることが、明示されていない役職や資格は不健全です。
本人が(少なくとも表面上は)それほど資格を求めていなかったりして、周囲の人が「勝手に」動いて、資格を勧めたり、与えたりするのも不自然な仕組みです。

2010-11-22 06:00

(関連エントリ)
メンタルヘルスの教育をするときに最終顧客を見すえる | deathhacks