「失敗すること」が今年の目標その2


R0012668

「変化を」(今年の目標その1)に続いて。

変化を | deathhacks

わざと失敗しようと思います。
「失敗をしたい」というと「範馬刃牙シリーズ:最凶死刑囚編」でのライバルたちの「敗北を知りたい。。」という意志が思い浮かびます。

失敗を恐れない、というのは他人に言ったり、考えたりするだけならば簡単です。
しかし、自分が実際に現実・現場にいるときにこれを実践・実行するのはとても難しい。

だから、「わざと」失敗してみる、くらいでちょうどいいかもしれない、などと思っています。
ただし、その失敗や結果について「言い訳をし過ぎない」(「だって元々失敗しようと思ってたもん!」)というバランスを取ること。
他者への影響は配慮・考慮すること。
(以前に「遠慮はしないが配慮はしよう」という方針も考えました)

Twitterにもこのアイデアを投げてみたり。

neti2 (@neti2) 11/01/17 19:20
取り返しのつかない失敗ってなんだろう?命や人生がはっきりと明らかに関係したものくらい?

Toshiaki Nakamura (@TNakamura39) 11/01/17 19:23
@neti2 自分の進退に関わる失敗かなぁ~何度かあるけど(>_<) neti2 (@neti2) 11/01/17 19:26 @TNakamura39 ん~、自分のことなら諦められるかもー、なんて^^; いや、今年の目標を「変化を」にしたんですが、さらに変わり映えするために「なるべく失敗する」にしようかとおもいついて。;-)

色々考えてみるのはワクワクします。^^

※調べてみたら、英語では「遠慮」も「配慮」も “consideration” で、一緒だったり。

2011-01-18 06:00

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください