個人的なスーパービジョンの不安と憂鬱


R1007232

ケーススタディー(スーパービジョン)を1件した。
新しい角度からの視点を示せた。
スーパーバイジー(?)の満足度も高かった。
単に厳しいコメントや失敗のようなことを上げつらって攻撃し傷つけるようなことにもならなかったと思う。

しかし不安は残る。
その視点は良かったのかな?
良い感触があったからといって同じことを繰り返し言い過ぎてしまって、何か別の違うメッセージ(あまりにそれに注目しすぎたり、ひけらかしのように感じられたり)が出てしまったのではないか。

たぶんさらに上級の人にスーパービジョン(のようなもの)を受けるでしょう。
巡り巡って(善意ではないし、短い時間軸で善悪を判定はできない)人の考えがグルグルとつながるのだろう。
それが面白い。

2010-10-24 08:00

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください