下の世代を批判することはできない

20130317155244

テレビの情報バラエティ番組で、おそらく40〜50歳台以上の中年・壮年の人らへのアンケートとして「今の30歳台以下の年代(の人たち)に言いたいこと」という意見を取り上げていた。
いやまあ、こうしたテーマだと様々な意見というか、批評というか、諦めというか、感情がよく見えてくる。
「敬語を使えない」「根拠もないのに自身だけはたっぷり」「なんにでも『ヤバい』としか言わない」「すぐ言葉を略す」などなど。

こうした感じ方は間違っているとは思わない。
僕は今39歳だが、自分よりも年齢が下の人たちと接していても、自分自身についてでも、いつもではないが、時々日本語の操り方や人付き合いの中で「正しくなさ」を感じることはある。
しかし、それを上の世代が「批判的に憂う」とか「嘆かわしいと思う」というのはちょっと反応として単純すぎると思う。

たいてい、こういった他者への感じ方や批判(?)は、自分に対して感じていることの投影であったり、そうした要素を含んでいたりする。
今回の若年世代に対する感じ方の本質は「自分たちの世代が下の世代に敬語や他人への接し方を教えてこなかった」「自分たちが使ってきた日本語を下の世代が真似して憶えた」「上の世代を敬ってこなかった」などの反映だと思う。
なんのことはない。鏡のように、自分たちの若い時のことを見て、「もっとキチンとすればいいのに!」と嘆いているようなものだ。

人間は生まれつきに、知識があるわけでも、社会性があるわけでもない。

子供に社会性はない | deathhacks

学習は唯一、環境とそこにあるものへの模倣、つまり真似で進んでいく。
教えたり、お手本を示してこなかったのに、「なんでできないの?!」とか「学ぶ姿勢がない!」などと言うのはナンセンスだ。

翻って、なんでもカウンセリングの話につなげてしまうのだが、グループや組織、会社などで、カウンセラーなどを育成しているとして、「うまく後進が育たない」「人材教育が進まず層が薄いままだ」という問題を抱える状況は多い。
このときに起きる、初歩的な考え方のミスは、後輩などに対して「向上心が足りない」とか「結局自分で学んでもらうしかない」とか「私たちは自己責任で技術を身に着けてきた」とかいうように考えてしまうことだ。

こうした考え方は100%間違いだということではないだろうが、正しいとはとても思えない。
自分たちが教えてもらったことや、受け取ったチャンスや資源などをいつの間にか忘れてしまってはいないだろうか。
仮に自分たちが先人の教育や知識体系の恩恵を受けてこられなかったとしても、そうした労力をかけることを次の世代に継承する意味が果たしてあるのか。
あきらかにそれは負の遺産になってしまっているのではないかと僕は思う。

「苦労は買ってでもせよ」というのは概ね間違っていないが、その苦労の掛けどころや質を見誤ってはいけない。

他人に対してネガティブな感情が巻き起こったときに、それが本当に妥当か、実は今や過去の自分に対する批評家精神が活動しているのではないかなどのメタ視点を持つと良いと思う。

2013-03-19 07:00

教育者の資格は技を見せられることのみ

20130211164415

他人にものを教えたり、指導したりする資格があるか否かの判断材料は、その人が実際にその技術や知識を相手や周りに見せることができるかどうかという一点のみで測られる。

大事なことは、次の2点だ。

  • 技術のレベルは大した問題ではない
  • 「見せることができる」というのは、心理的に拒否や躊躇をしないことと、見せるためのプレゼンテーション能力があることの両方を含む

技術のレベルが問題ではない、というのは、教わる、あるいは参考にする価値がないか、教わる人間が理解できない場合には自然に教える教わるという関係が消滅するか、そもそも生じないことによる。
この部分は常に流動的で不安定だから、コントロールしようとすることがかなりナンセンスだろう。
それよりかは単純に実直に技術と知識の量と質を高めることに愚直に集中するべきだ。

2番めの「拒否や躊躇をしない」というのは、絶対的条件だ。
これがなければ教育が成立しない。
これなしに存在しているように見える教育はすべて「ウソもの」だ。

カウンセリングの教育であれば、ロールプレイでもモデリングでもガンガン見せて教えればいい。
言葉で説明できても、実際に自分で再現できないようなことを誰がまじめに教わる気になるだろうか?
私が認める教育者、指導者は皆いくらでも出し惜しみをせずに実践を見せてくれる。

2013-02-13 11:00

ゲートキーパーがうまく機能することを妨げる3つの壁

20121016072827

うつや自殺の兆候教育というものは、ずいぶんとスタンダードになった。
政府行政も、メンタル不調者をなるべく早い段階で見い出し、医療や専門家につなげるためには、職場や学校、家庭などに「ゲートキーパー」を育成することをすすめている。

もちろんこうした地道ながらボトムアップ的に、一般や社会の知識を啓蒙していくことは短期的に成果は出にくいかもしれなくても、結局は最短距離であり、もっとも効果的な方策の一つだろう。

しかし現実として、ゲートキーパーとしての役割がうまく機能しなかったり、当事者が困難を強く感じていたりする。
自殺した人の兆候を事前にまったく感じずショックを受けたり、死にたいくらいの苦しさを持って休養していた人が身近に戻ってきた後に日常的にどう接していけばいいのか不安に感じたりするケースは少なくない。

私としては、うつや希死念慮のサインを一般の多くの人に教育することには、ある程度以上のメリットはないと思うし、相当に注意が必要だと思っている。

自殺に事前のサインはない | deathhacks

それでは、なぜゲートキーパーがうまく機能しないのか。
そこに3つの壁があるからだ。

1 気付けない

いくら知識を身に付けたとしても、日常の生活や仕事のかたわらで、どれだけ関心があるにしても、家族や同僚の内面の変化や苦しさに的確に気づくことはやはり難しいと言わざるを得ない。
日常的に一緒に過ごしているからこそ、少しずつの変化には慣れてしまい、合算としてはおかしな事象でも「フツー」見えてしまうことも多いだろう。
正常性バイアスもかかる。

メンタル不調の表現は、個々によってかなり違う部分もあるから、専門家の研究教育でない、一般層への啓蒙では必ず「気付けないこともある」という免責的な視点を提供するべきだろう。

2 気づいても声がかけられない

仲間に何か異変を感じたとしても、即座に声をかけられるかどうか。
気のせいではないか、相手が迷惑に感じるのではないか、今は気持ちが落ちていても彼/彼女なら必ず元気に復活してくるはずだから見守るだけにしよう、以前にも同じようなことはあったから大丈夫だ、自分の方が大変だし、考え違いであったら恥ずかしい、などなど様々な心理的ブレーキがかかる。

一部には、無邪気なキャラクターで心配やコミュニケーションを取ってサポートできる人もいるだろうが、それはレアな存在とみるべきだ。
一般すべてにそれは要求できない。

3 声をかけても本人は否定し、止まらない

声をかけて、異常な状態を本人が認め、なんらかの具体的な支援を頼まれるとか、医療あるいは専門家などにつながるなどハッピーな展開となれば、こんなに喜ばしいことはない。
メンタル不調者が出ると、さも皆や管理者の失敗であるかのように思い込まれることが多いが、世の中に自殺やうつは常にあった。
数の大小やその社会的影響に上下はあっても、これからも事故や病気と一緒で完全になくなることはないだろう。

その前提で言えば、不調や不具合が見つかって、休養するパターンに持ち込めることは大成功なのだ。
病気休暇や休職に「成功」などという言葉を使うと、当事者や人事担当者からはお叱りを受けるかもしれないが。

話はそれたが、多くの場合、一度や二度、声かけをしても心配された本人は仕事や動きを簡単に止めたりはしない。
他人からの指摘で客観的に自分を見つめなおして、冷静に調整をできるようならば、元々自分でコントロールできているだろう。

そして一部のコントロールを残念ながらできなかった者が、日常を一時的に続けられない状態にまで陥っていく。
すべての者ではないことにも注意。

こうした現場でゲートキーパーに役割としての満足や自信が維持できるかは難しいように思う。

まとめ

メンタルヘルスに関連した、ゲートキーパー教育や知識啓蒙の全部にダメだしをするというのではないが、現場で役割を持った者の様々な困難やリスクと不安にも配慮しなくてはいけない。
また、ごく短期的な成果を求めすぎてもいけない。

カウンセリングでも、営業でも、教育でも、接客でも、基本は同じだ

R4002473

答えがクライアントや顧客のなかにあることを前提として接する。

問いかけをうまく使っていく。

クライアントが使った言葉をそのまま使う。原則言い換えない。
顧客が間違った言葉を使ったり、勘違いしていても、即座に修正したりせずにまずは乗っかる。

結論や結果だけが大事なのではない。
ゴールへ最短時間で最短距離を通って進むことが重要なのでもない。
プロセスに目を向ける。
顧客自身が選び、納得する。

2012-07-11 10:00

Posted from DPad on my iPad

自分理論のつくりかた

20120616091639

カウンセリングをするにもエデュケーションをするにも、ひとまずの目標地点は、現場で使える「自分理論」を持つことだ。
自分理論というのは守破離の離にあたる。

守破離って何?どこからきてるの? | deathhacks

一度に、現場でのすべてを「離」の状態にまで持っていくのは難しいが、まずほんの一部でも足がかりとなる要素、自分の強み、軸を設けなくては、常にブレブレで他人の意見や環境、クライアント個々の問題に簡単に流される。

自分理論について確認したり、それを形作ることをおろそかに後回しにしていると、いつまで経っても自信というものが生まれないから、一見問題なく仕事ができているように見えたり、自身で思っていても、常に不全感につきまとわれることになる。

もちろんいきなり自分理論をつくって、現場で試すというハードルは低くない。
とりあえず、他人の理論を真似してアウトプットしてみよう。

この時点では逆に「思考停止」が必要になるし、勧められる。

思考停止けっこう | deathhacks

(他人理論の)アウトプットを繰り返す中で自分理論が形作られていく。
アウトプットしてみて、フィードバックを受け、それらの中から自分の感覚にハマる部分や要素を探す。
違和感を感じるところを突き詰め、考え抜いて整理していく。

考えぬくだけでもダメだし、闇雲に現場で不安を抱えたままもがいているのでも、成長することは難しい。

2012-06-17 08:00

スマイルポーカーフェイス

null

こころの動揺を意識的、あるいは無意識に隠して、柔和な表情を保ちながら対応、コミュニケーションをすることを「スマイルポーカーフェイス」と呼ぶことにしよう。
以前はそこここで、日本人の「アルカイック・スマイル」がやり玉にあげられてきたが、似たようなものだ。

アルカイック・スマイル – Google検索

一方、「ポーカーフェイス」は、手札の強弱や駆け引きを相手に読まれないように無表情を決めこむのを基本とした「メッセージを出さない」「読まれない」ためのコミュニケーション技術で、ポーカーゲーム以外の場面でもよく使われる言葉だ。

ポーカーフェイス – Google検索

スマイルポーカーフェイスだが、質疑応答の場面で、演者や講師が「やってしまう」ことが多い。
もちろんほとんどの場合、悪意はない。
それどころか、質問者に対して、できるだけ好意的であろうとしての表情・メッセージコントロールなのだろう。

しかし、実際には質問の発言をしている間、演者などがうまくうなずきながらであっても、ずっと同じような微笑みをしていると、内容をきちんと受容しているというよりは、「私はあなたの疑問を全部わかっていますよ」「その質問は予想していたし、実は織り込み済みですよ」というメッセージが強くなりすぎることがある。
例え内心では、動揺していたり、適切な応答を必死に考え巡らせていたとしてもだ。

そう考えると、質疑応答のときの、受け手(演者、講師)が出すべきメッセージは「疑問・保留」や「(説明などの不備・不足を謝る)共感(的なもの)」などが適当なのかもしれない。
もちろん、今後色々な状況を考えてみなければいけないとは思う。

要は、今どきの講演や研修であれば、すべての質問に対して余裕で完璧な対応をしなくても良いのではないか、ということだ。
とりあえず、難しい質問には眉根を曇らせてもいい、痛いところを突かれたときには苦笑する、新たな視点がもらえたときには驚き、そして感謝する。
そういった、ある意味人間性というか、「発信者のすべて」をそのままさらけ出してしまうようなコミュニケーションが有効ではないだろうか。
特に、カウンセリングやメンタルヘルスをテーマにした場面では。

2012-04-18 08:00

Posted from DPad on my iPad

ホームに帰って報告するときの体(てい)でふりかえりをする

null

メッセージコントロールでも何でも_2日以上連続するようなものでは特に_教育やトレーニングでは、途中でそれまでのおさらいをかなりがっちりと時間を取ってやるようにしている。

その理由は3つある。

  • 教育の内容や目的が実践であるため。単に教養や知識を身につけるのではない
  • 要素が積み上げ式のものである。先に練習したものが次のものを覚えることによって消えてしまってはいけない
  • 他人の考え方や表現を知るため。メンタルヘルスをテーマにした、自分以外の人間とのコミュニケーションはすればするほど良い

実際には、少人数グループを作ってもらい、その中で前日やそこまでに出てきた教育内容や要素について、お互いに受け取り方や感じたこと、疑問点や難しくて悩んでいることなどをざっくばらんに話し合ってもらう。
この後には、それぞれのグループから討議内容を発表してもらい、全体での共有につなげたり、講師との質疑応答に移ったりすることも多い。

この少人数グループ内でふりかえりをしてもらうときのコツを少し。

ただ単に「これまで習ったことを話し合ってみましょう」とか「○○のポイントは何かを順番に言ってみましょう」というだけでは中々発言が出ず盛り上がりにくい場合がある。
こうしたときには、しゃべるシチュエーションを決めてあげたほうがスムーズに考えてもらえる。

例えば、
「職場に戻って、どんな研修を受けてきたか、上司に口頭で報告するとしたらどう話しますか?」
「家に帰って、今回の教育で発見したことやハッとしたこと、面白かった部分などを、家族に伝えたいと思ったら、何から話しましょうか?」
などのようにだ。

このとき私ならさらに、
「今回実践できるように身につけたことを説明するのだったら、ノートやメモを見ながら話したのではあんまり説得力がないですよねぇ。ぜひ今自分の頭の中にある、大事だと思うことをまとめて、自分の言葉で表現してみましょう!」
というような要望も出すかもしれない。
学んだことをそのまま正しく暗記したり、記録しておくことが重要なのではない。
多少ブレながらでも、量としては少なくても、現場で自分が自信を持って使えるものを増やしていって欲しいのだ。

学習というものは、インプットの量だけでなく、復習や習熟のレベルが大事だとはよく言われる。
その観点でのトレーニングが実践力や実力と呼べるものに直結するだろう。

2012-04-17 07:00

Posted from DPad on my iPad

メンタルレスキューリーダーに求められるもの

R4001734

NPO法人メンタルレスキュー協会が、経験を加味した上で試験をし、認定する資格「メンタルレスキューリーダー(MRL)」について。

資格の認定のために要求される能力を個人的に考えてみている。

まず個別カウンセリングの高い技術を持っていなくてはいけない。
もちろん適切にスーパービジョンを受けられることも必要だ。
(これはスーパーバイザー、スーパーバイジーの両方として)

次にカウンセリングやメッセージコントロール、自殺や惨事の知識教育ができること。
個別教育のみでなく、一定以上のレベルで多数に受け入れられるような説明ができなくてはならない。
これができるということは、メンタルヘルス上の各テーマについて、自分の言葉で十分理解してものにしているということになる。
(「科学的に唯一正しい知識」を持っているとかいうことではない)

3つめには、惨事後ミーティングやグループミーティングを適切に、プロデュースしたり、ファシリテートしたりできること。
メンタルレスキュー協会が実際に惨事介入をするようになっており、リーダーとなる人間は以前よりもさらに実践力を明確に要求されるようになっている。

4つめは考えたてホヤホヤだ。
クリエイティブであること。
他人の理論やツールをそのままになぞらえて再現するだけではメンタルレスキュー(認定としてのMR)レベルだ。
教え方がちょっと変わったり、新しい内容や考え方が出てきたからといってバタバタとうろたえるのでは失格だ。
逆に自分発信で、「こうしたカウンセリング技術が使える」とか「教える内容はこう変えた方が良くないか」というように周囲や仲間を変え、成長していく気概があるべきだ。
それがクリエイティブということ。

皆の意見はどうだろうか。

2012-04-11 07:00

Posted from DPad on my iPad

AKB48のメンバー同士は仲間なのかライバルなのか

20120204120044

以前にAKB48のように現場を踏む | deathhacksというエントリを書いた。

このプロジェクトに学んだり、真似をすることを考えてしまう点は多い。

まず、全体が一丸となって一つの目標に向かう(テレビにたくさん出るとか、ヒットチャートをにぎわすとかがそれだろうか)ことや、他の歌手やアイドル、アーティスト、グループと人気を争うということは当然のことだろう。

しかし、そうした生存競争が、プロジェクト内でも常に発生しているというのがはっきりとさらけ出されているという部分は注目する。
これまでにもグループ内でライバル関係があるとか、人気順争いがあるとかいうものは無数にある。
それらと違うのは一つには人数規模の桁が大きく、新世代補充のサイクルが早く緩まないこと、もう一つはライバル関係を無理に隠そうとせずにコントロールしていることだ。

実際に複数のチームを組織内に作り、その商品やミッションごとの完成度や成果を繰り返し定量化するなどして厳しく評価している(されている)ように見える。

ただ、こうしたチーム内ライバル関係やポジション争いなんかは、例えばプロ野球ではすでにあるフォーマットだと言える。
そう。このフォーマットを用意すれば勝手に上手くいくとか、チームが強くなるというものでもないのが難しいところ、不確定要素だ。

このフォーマット、そしてシステムがうまく回ると、チームの団結は強くなるが慣れ合いは排除される。
自分の隣や目の前にいるチームメイトはライバルであるから目標にしたり、打ち負かしたりしなくてはいけない。
それと同時に大事な仲間や戦力だから、成長を促したり、教えたり、補いあってプロジェクトに貢献しなくてはいけない。

こうしたシステムはカウンセリングを集団で実践したり互いに学び合ったりする場でも使えるはずだと思っている。

2012-02-05 17:00

小学生にもわかるように3秒で説明する

R4001421

他人に知識や技術を教えるときのコツというか、工夫として「小学生でもわかるように説明する」というものがある。

どんな知識でも技術でも、本を読んだり、人から聞いただけでは本当に理解することは難しい。
それらの内容に触れて、ひとときは感動したり、わかったつもりになったり、次にやれば自分にも同じことが期待通りにできると感じたりするかもしれない。
しかし、純粋に趣味や楽しみとして知識を仕入れたり、習ったりしているなら別だが、その学んだことをあらためて自分で表現する、再現することができてこそ「本当に理解した」と言える。

勉強したり憶えたりするだけではなく、他人に教えることによってより深くしっかりと理解することができるのだ、ということはよく言われていることだ。
逆に「わかりました」と言っている人に、説明をしてみてもらうと、言葉が全然出てこなかったり、間違っていることがポロポロと現れたりして、はじめて本人が自分の理解についての錯覚に気づくということもある。

また、この他人に教えるという状況で、そのテーマをよく理解している人ほど、簡単な言葉、平易な表現、聞き手に合わせた比ゆなどをうまく使うことができる。
うまく伝わらない時には、即座に、何度でも、何種類でも表現できるのが理想的ということになる。
言葉は抽象化された共有のための表現でありツールに過ぎないから、その使い方ややり方にただひとつの正解というものは本来ないはずだ。

抽象化というと難しい印象になってしまうが、それすらもツールであるから、適切に言葉ややり方を選べば、適切なレベルで、小学生くらいの理解度があればたいていの事柄はわかってもらうことができるはずだと思う。
うまく説明したり、喩え(例え)話を持ち出せないというのであれば、その内容を自分がまだまだよく理解していないか、工夫の余地があるとみるべきだろう。

メンタルヘルスやカウンセリングについても、言葉としてはよく「小学生にもわかるように説明してみよう」とやってみるが、これを実際に実行してみると良いと思っている。
小学生に「うつ」をわかってもらうことができるか。何に喩えれば納得してもらえるか。どんな例を出せば身近に思ってもらえるか(学校でのいじめとか、テレビ番組とかを利用するのがいいか) そもそも話をしているあなた自身に興味を持ってもらえるか。
「小学生にもわかるように、大人に説明する」のと「今後小学生らを前にして1時間話をする」のでは、想定する状況としては近いようで本気度の違いが結構あるのではないか。

なんとかこれもまた、機会を探す価値があると思えている。

おまけ。
理解することと教えることについての一意見を紹介。
文章自体はさらっと書かれているが、とても厳しく鋭い。

283:050116 自分のことばと借りてきたことば: shiology

2012-01-17 13:00