「困った」と「病気」の間で

20121029190616

うつや認知症など、病気なのか正常(とは言え、やっかいで困った状態。あるいはピンチ)なのかは、目に見えないから難しい。
それらが急に、痛くなったとか、血が出たとかいうのでもないことも問題を難しくしている。
健康・健常と「困った」と病気は連続的に変化することが多いし、レベルの問題なのだ。

すると、日常では、「これは悩みレベルなのか、病気でお医者さんに行ったほうがいいのか?」とか「おかしいような気もするけれども年をとったらこれくらい普通かな……?」などという迷いが生じる。
迷いは、ある意味中途半端な状態だから、病気であるなどの確定がなされた状況よりも、気持ち的には苦しかったりもする。

皆が日常的にこうしたあいまいさやそれぞれの状況で打つべき手などを考えておくのもいいが、効率は良くない。
コンシェルジュ的に専門家や役割を持った人が民間あるいは公共に配置されていれば、それを必要な時に利用するということでいいだろう。
特に、日本やそのうちでも都会には人口が集まっているし、生産産業ではなくサービス産業として社会的にも有意義だ。

近くに詳しい人やメンタルヘルスなどの専門家のような人がいるならば相談してしまえばいい。
その場で問題が解決するようなことは少なくても、まず悩みの対処ができる。

最初に書いたように、気になっていることや対象がまず、「問題ない」「少しマズい」「ヤバい」「病気だ」などのレベル分けを判断するのが当事者にとって一番難しい。
レベル分けさえできてしまえば、対処方法はだいたい決まってしまうものだ。

逆にここで誤ってしまうと「病院に行って診てもらったけれども大丈夫と言われた。また調子が悪くなったら来てくださいと言われた」というように判断の難しさを知らされて、不安がかえって高まるということが起こる。
また、「それくらいなら全然大丈夫じゃない?」と言われたとか、思い込んでいたとかで、時間を使ってしまい、もっと早くに病院や専門家に当たった方が良かったのに、という事態もありうる。

こうしたことへの対策として、気軽に近場で相談できる手段や資源を普段から用意しておいたり、もしもそういう時にはどうするのだというようなシミュレーションをしておくのが良い。

2012-10-31 07:00

一人は押して、もう一人は引いて構える

20121028130355

それだけで攻めや営業は良くなる。

昔からの刑事、探偵、お笑い、ドラマ、映画などのコンビ構成として見られ、極めてポピュラーだ。

どちらに転んでも取りこぼしが少なくなるし、バランスを取りやすい。

またこれは、別に本人たちが自分たちで意識をして組んだのでなくても問題なく機能する。
偶然でも、誰か上役や背後にフィクサーやマネジャーがいて、仕込みさえすれば良い。
逆に本人たちは気にしていない方がいい時さえあるだろう。

2012-10-30 08:00

メンタル不調での休養に意味がある

null

メンタル不調で生活や仕事を休むとき、それはそのまま休養という意味・意義がある。

しかし、それだけではなく、そこから回復していく過程での自分感覚集めという意義がある。

メンタル不調に陥るまでには、疲労やストレスを無視して、感覚や自然なセンサーを麻痺させて、突っ走って、あるいはフラフラになってしまっていることがほとんどだ。
その間や十分に心身を休めるまでは、何が負担で何が自身にとってどれくらいのストレスなのか見失っている。

休養の底から回復していく途中では、様々な焦りや不安が必ずある。
リハビリに時間がかかることそれ自体や、なんとなくの自信はあるのに周りからブレーキをかけられたり、逆に急かされたりと混乱したり、それに近い感覚を常に感じるかもしれない。
しかし、その過程は、単に通過点ではなく、弱っているからこそ自分が何にどれくらい疲れを感じて、ストレスを感じるのかを一つひとつ確認していくチャンスになる。

中長期的な計画や見通しをつけたいという気持ちも当然あるだろうし、それは確かに必要だ。
しかし、日々の作業や休養したことの意味を自ら作り出すことは大きなプラスになる。

2012-10-29 09:00

(関連エントリ)

うつのリハビリはこころの受身を覚えるチャンス | deathhacks

Posted from Drift Writer on my iPad

定量をした上で定性を捨てない

20121027135613

心理ではどうしても良悪や有効か否かなどがはっきりしないことが多い。
科学としてつなげていくため、互いにコミュニケートし、研究していくためには定量的に事象をとらえていかなくてはいけない。

だが、定性的な感覚を捨ててはいけない。
いい感じがしないものに無理して付き合い続けるかは自由だし、好きなものにエネルギーや時間を割くのは大事なことだ。

2012-10-28 09:00

日常での挑戦と調整

20121022094610

限定的に1時間ほど、朝の活動開始時間を早めてみている。

限定的、というのはある特定の仕事が入っている日だけ早くカフェに入るという感じ。

週に2回ほど。

確かに使える時間は増えるのだが、眠気や前日の疲れを引きずってしまい、身体も頭脳もパフォーマンスが上がらない感触。

いろいろな要素が絡んでいるはずなので、単純にうまくいっていないというのでもないが。

いったんは試みてみないと検証はできない。

挑戦と調整は常に必要だ。

2012-10-23 07:00

日常会話はカウンセリングのように

null

カウンセリングは日常会話のように。

こんなことを書くと正統派のセラピストやサイコロジストからお叱りを受けそうだ。

ただ言いたいのは、入口や出口などとしてのメッセージコントロールはとても大事だということ。

2012-10-22 09:00

Posted from Drift Writer on my iPad

会社に出すうつなどの診断書作成コストは誰が負担するべきか

null

うつなどのメンタル不調で病気休暇や休職をする場合、所属組織は人事的に診断書を求めるだろう。
これは手続き上、当然のことだろう。

ところでこの目的で作成される診断書のコストは誰が払うべきだろうか。

診断書を求める行為自体は患者本人である従業員がすることになり、いったんは会計を済ませるだろう。
だが、手続きとして必要なのは本人ではなく所属組織である。

就業規則に示されていなければ、所属組織が診断書作成料を後で払い戻すべきか、折半するかなどを本人と協議するのが筋となる。
就職採用時の雇い入れ時健康診断のコストは組織が支払うのが通常だ。

同じように、雇用関係にある間に、被雇用者には自身の健康を損なわないようにする自己保健義務はあるが、健康状態の証明義務は法律上は一律には決まっていない。
ある病気であることは医療的に診断することは可能な場合があるが、完全に健康であることを証明するというのは悪魔の証明的に不可能である。

この件については、診断書の作成料が健康保険上のものではなく、自費診療となって料金が高めになること、メンタル不調などの慢性的、ある程度長期にわたる状態に対しても診断や人事上の手続きは1ヶ月ごとに必要とされ繰り返し請求されるコストになることなどから、小さい問題ではない。

多少調べたのだが、もう少し調べていく。

2012-10-21 09:00

Posted from Drift Writer on my iPad

(2012-10-27 追記)

会社が提出を求めた診断書の手数料 – 『日本の人事部』

メンタル不調で病休や休職を経た人は会社を離れることが多いのではないか

20121007132357

別に組織と仲違いするからというわけではなく。

その理由には2つ考えられる。

一つには、同じ人間関係の中に身を置きづらくなって。
これは周囲へのカミングアウトの程度にも依るかとは思う。

うつなどからの復帰に際しては可能な限り、その情報や心情、経過などをオープンにしてしまった方が、結局中長期的にはメリットが大きい。
「こういった出来事が別に珍しくもなんともない」、「一般のケガや病気と同じようなものだ」というメッセージにもなる。

しかし、現実にはフルにオープンにすることは難しいから、回復してから数年くらいして、それまでお世話になった組織から離れていくケースが多いような気がする。

もう一つの理由は、メンタル不調とそこからの回復過程経験を通して、人生観が変わるというか、元々無意識化にあったような願望や価値観が現れてくるため。

そうした思想や考え方、人生設計が、その時点で所属している組織のあり方やその中でのポジションと矛盾したり衝突したりしていなければ、そのままの生活を続けていける。
だが、そこにズレを感じたりすればこれまた長期的には変遷していくことになるだろう。

まとめ

こうした人生計画の変化・変更は決して悪いものではない。
それによって、社会全体として価値が増えれば良いのだと思う。

しかし、離れていかれる立場の組織側としては、メンタル不調の過程を見てきて、相当のコストも費やしているだろうから、心中は複雑だったりはっきりと不快に感じるかもしれない。

2012-10-20 09:00

ゲートキーパーがうまく機能することを妨げる3つの壁

20121016072827

うつや自殺の兆候教育というものは、ずいぶんとスタンダードになった。
政府行政も、メンタル不調者をなるべく早い段階で見い出し、医療や専門家につなげるためには、職場や学校、家庭などに「ゲートキーパー」を育成することをすすめている。

もちろんこうした地道ながらボトムアップ的に、一般や社会の知識を啓蒙していくことは短期的に成果は出にくいかもしれなくても、結局は最短距離であり、もっとも効果的な方策の一つだろう。

しかし現実として、ゲートキーパーとしての役割がうまく機能しなかったり、当事者が困難を強く感じていたりする。
自殺した人の兆候を事前にまったく感じずショックを受けたり、死にたいくらいの苦しさを持って休養していた人が身近に戻ってきた後に日常的にどう接していけばいいのか不安に感じたりするケースは少なくない。

私としては、うつや希死念慮のサインを一般の多くの人に教育することには、ある程度以上のメリットはないと思うし、相当に注意が必要だと思っている。

自殺に事前のサインはない | deathhacks

それでは、なぜゲートキーパーがうまく機能しないのか。
そこに3つの壁があるからだ。

1 気付けない

いくら知識を身に付けたとしても、日常の生活や仕事のかたわらで、どれだけ関心があるにしても、家族や同僚の内面の変化や苦しさに的確に気づくことはやはり難しいと言わざるを得ない。
日常的に一緒に過ごしているからこそ、少しずつの変化には慣れてしまい、合算としてはおかしな事象でも「フツー」見えてしまうことも多いだろう。
正常性バイアスもかかる。

メンタル不調の表現は、個々によってかなり違う部分もあるから、専門家の研究教育でない、一般層への啓蒙では必ず「気付けないこともある」という免責的な視点を提供するべきだろう。

2 気づいても声がかけられない

仲間に何か異変を感じたとしても、即座に声をかけられるかどうか。
気のせいではないか、相手が迷惑に感じるのではないか、今は気持ちが落ちていても彼/彼女なら必ず元気に復活してくるはずだから見守るだけにしよう、以前にも同じようなことはあったから大丈夫だ、自分の方が大変だし、考え違いであったら恥ずかしい、などなど様々な心理的ブレーキがかかる。

一部には、無邪気なキャラクターで心配やコミュニケーションを取ってサポートできる人もいるだろうが、それはレアな存在とみるべきだ。
一般すべてにそれは要求できない。

3 声をかけても本人は否定し、止まらない

声をかけて、異常な状態を本人が認め、なんらかの具体的な支援を頼まれるとか、医療あるいは専門家などにつながるなどハッピーな展開となれば、こんなに喜ばしいことはない。
メンタル不調者が出ると、さも皆や管理者の失敗であるかのように思い込まれることが多いが、世の中に自殺やうつは常にあった。
数の大小やその社会的影響に上下はあっても、これからも事故や病気と一緒で完全になくなることはないだろう。

その前提で言えば、不調や不具合が見つかって、休養するパターンに持ち込めることは大成功なのだ。
病気休暇や休職に「成功」などという言葉を使うと、当事者や人事担当者からはお叱りを受けるかもしれないが。

話はそれたが、多くの場合、一度や二度、声かけをしても心配された本人は仕事や動きを簡単に止めたりはしない。
他人からの指摘で客観的に自分を見つめなおして、冷静に調整をできるようならば、元々自分でコントロールできているだろう。

そして一部のコントロールを残念ながらできなかった者が、日常を一時的に続けられない状態にまで陥っていく。
すべての者ではないことにも注意。

こうした現場でゲートキーパーに役割としての満足や自信が維持できるかは難しいように思う。

まとめ

メンタルヘルスに関連した、ゲートキーパー教育や知識啓蒙の全部にダメだしをするというのではないが、現場で役割を持った者の様々な困難やリスクと不安にも配慮しなくてはいけない。
また、ごく短期的な成果を求めすぎてもいけない。