話を聞く、聞かない、を真摯に考え抜く(後編)

null

昨日のエントリ(話を聞く、聞かない、を真摯に考え抜く(前編) | deathhacks)では、被災地のメンタルヘルスをサポートする上で感情や話をあまり深く聞かない、という考えだけでは足りないのではないかということを書いた。

シンプルに分けて、被支援者は「話したい」と「話したくない(話せない)」のどちらかと考えてみる。
また、支援側が選べるツールは「話を聞く」か「話を聞かない」のどちらかだ。

組み合わせで場合分けをして考えてみると以下のようになる。
合わせて対処や注意点まで考えている。

「話したい」人の「話を聞く」のは求めるものと対応が合致しているから概ね問題ない。
このとき、惨事体験に含まれる自責や「恥」のような感情につながるテーマや「秘密」に関する内容では、他所の支援者に話したという事実に、後から怖くなったり別の形での罪の意識が生じることがあることに注意して情報提供やコントロールをする必要がある。
ただし、相手が他所者であるとか、また会う可能性がないとか、ずっと先だという条件でならば、話を聞いてもらいたいというニーズもあるので、遠慮しすぎてはいけない。

「話したい」に対して「話を聞かない」という対応は、情報が少なかったり、場のコントロールに自信がないのならばしかたない。
それでも、「あなたはこの場で私にあまり深い話をしない方がよいです。これは色々な研究や過去の事例で言われていることなんです」と伝えるのは良くない。
これは、一見被支援者のためを思って言っているようだが、支援側の事情や都合を別のところに押し付けているとも言える。
話を聞くことができないのならば、「聞けません。ごめんなさい」と謝るか、もっとしっかりとした説明をするかのどちらかでなくては、かえって失礼だったり失望させたりすることになる。

「話したくない」のに「話を聞く」ということにメリットはあるだろうか。
最小限の情報提供や、今後の支援の継続や見通しを伝えるくらいならばリスクは少ない。
惨事そのものではなく、今現在の体調や生活に関する困ったことや悩みというテーマならばあるいは支援につながる可能性はある。
これもあくまで、狙って情報を取るというよりは、被支援者の意思を最大限尊重しながらというのが原則だが。

最後に「話したくない」被支援者に対して「話を聞かない」というのはどう評価できるだろうか。
数十分や1時間、一緒に沈黙して「寄り添っていました」というようなことが効果的な支援になるという可能性は否定できない。
しかし、そういった状況を予想したのならば、会話や言葉を使わない、ノンバーバルなツールを準備するべきだろう。
散歩やリラクゼーションのようなツール、呼吸法やタッピングタッチなど、持ち帰ってセルフで、あるいは被支援者の仲間や家族同士で使っていけるようなものはいくつかある。

結論として、惨事にあった人たちを支援しようというときに、「私はカウンセラーなので話をとにかく聞きます」とか「特別な技術や資格はないのだけれど娯楽や気分転換を提供したい」というように、支援側の事情だけで決めうちしすぎるのは良くないのだ。
現場やその場の状況・情報・ニーズに柔軟に対応する。
そして、そのためには前回のエントリに書いたように「考え抜く」ことが必要で、支援側の「思い」だけが大きくなりすぎてはいけないだろう。

2012-03-31 08:00

Posted from DPad on my iPad

話を聞く、聞かない、を真摯に考え抜く(前編)

null

惨事に遭った人を支援する、面談を通じてケアするなどのとき、その惨事が極大なものであったときにに、支援者はクライアントとどう接し、どう会話したらいいのか。
東日本大震災後の支援では、正にそれぞれが同じ、あるいは似たような状況になったり、迷ったり、悩んだりしている。

単に惨事被害者(被災者)のダメージや数が多いというだけでなく、地域の機能やリソースが根こそぎに近いくらいに失われてしまったため、そこへの支援者は必然として別の遠隔から一時的に来た人たちであるのが特徴だ。
支援者の悩みや迷い、難しさにもこの特徴が関係している。

「被災者の話をとことん聞いてあげたほうが良いのでしょうか?(マイナスの事が起きたり、感情を高ぶらせてしまうのが怖いです)」という質問や、「感情が絡むような体験の話はあまり聞かない方がいいですよね?(でも、それでは何か冷たい気がする。何もできない自分が支援していると言えるのか)」という迷いがよく聞かれる。

これは難しい問題だが、かと言って専門家や現場の人に訊ねて「話はとにかく遮らず、相手が望むまま、望むだけ聞いてあげましょう!」とか「いやいや、我々はずっとその場に居続けることはできないのだから、悲しみや辛さの深い部分は地元の人同士や家族などの中でしてもらうのがベストだ。余計なことはなるべくしない方がいい」とかいうクリアな答え、正解を期待してはいけない。
いくら支援者自身が悩んでいても安易な結論は避けたい。

とは言うものの、「被災した方々それぞれで事情や状況が違うのですから、臨機応変に……」というのもせっかくのボランティア精神の多くを無駄にしてしまうかもしれない。
私自身は、考えることによって、すぐに到達はできなくても、より早く「正解」に近づいていけると思っている。

まず、惨事にあった人は「なぜ体験を話したくなる」のだろうか。
あるいはその反対に「誰にも(誰とも)話したくなくなる」のだろうか。
この二つの真逆の反応、状態はどちらが嘘とか間違っているとかいうことではなく、どちらも実際に、しかも同時に起きていることだ。

なぜ話したくなるか。
人が何かびっくりするような事柄にあった時には、誰かに話したくなる。
有名人を街で見かけたとか、ちょっと失敗をしたとか、宝クジが当たったとか、自分に置きかえて想像してみてほしい。

次元や種類が違うと思うかもしれないが、災害・事故・惨事に遭った人が、誰かに「ちょっと聞いてくれ」と情報や体験を知らせたくなるのは極めて本能的だ。
そして、聞き手に期待しているのは「! そりゃ、大変だったねぇ」とか「スゴい!」という、驚きや労いなどの反応だ。

ただし、災害や事故においては、疲労や不安から、「自分に原因や責任があったんじゃなかろうか」とか「何か防いだり予防したりできたのではないか」という自責の思考が強く回ることが、出来事の規模や衝撃が大きいほどよく起こる。
これが「話したくない」という反応の背景にある。
もしかしたら話したいのかもしれないけれども、それよりも強く「話して、自分の責任を指摘されたら嫌だ」「自分の考えや不安が他人によって確認されたら本当のこと(!)になってしまう」と考えている。

繰り返すが、被災者などの心理的な面への支援にはっきりとした正解はないと思っておいた方が良い。
だが、無策で手をこまねいているしかないわけでもない。
まずは、きちんと「なぜ」という部分から、自分の眼や耳や手で得た情報や知識を、自分の頭で考え続ける、考え抜く、そして実際に行動し発言するというのが真摯ということだろう。

続きは次回(話を聞く、聞かない、を真摯に考え抜く(後編) | deathhacks)に、もう少し。

2012-03-30 12:00

Posted from DPad on my iPad

クライアントの目的はカウンセリングそのものではない

null

医者やカウンセラーには、本当に高いレベルの倫理が必要だなと最近良く考える。

知り合いやクライアントという以外の関係がある人は、原則としてみてはいけない。
好きな人、あるいは嫌いな人をクライアントにしてはいけない。
逆に言えば、クライアント個人に特別な感情を持ってはいけない。

医者とカウンセラーで比べれば、どちらがより倫理的に正しくあらねばならないか。
倫理について比較するというのは本来はおかしいのだが、あえて言うとカウンセラーのほうだと思う。

医者の医業や医療が、一般の人から見て、閉鎖的だとか密室内で何か悪いことやズルいことが行われている(のではないか)と思える以上に、カウンセリングが閉鎖的で密室性が高いということは以前に書いた。

カウンセリングとセクハラは相性がよい | deathhacks

例えば医者が、診察で患者に痛みを加えざるを得ない場合(もちろん最大限の配慮をしながら理由があってのこととして)や、手術などで侵襲を与える場合には、当然その反応を確かめながら仕事をする。
反応というのは痛みや出血などだ。
それらが、本当は無い方が良いもの、必要悪であることを承知した上で、患者の合意のもと、中長期的なメリットのためにプロとして仕事する。

ところが、カウンセリングでは、クライアントが痛みを感じてもそれを表現しなかったり、できなかったり、そもそも自覚できなかったりすることがある。
手術などにおける出血のような反応も特定のものはなく、挙げるとすればもうそれは自傷や自殺という極大なものになってしまう。
そして、密室性があるが故に、リアルタイムにも retropective にも、客観的評価や監査がされにくい。

当然ながら、多くのカウンセラーは、自分が「良いこと」をしている、少なくとも「良いこと」をしようとしていると考えている。
医療と同様に考えれば、カウンセリングが100%良いことだけで構成されているとか、安全ということはない。
クライアントは、話せばエネルギーを使うし、テーマが「秘密」に関することであれば怖さや恥ずかしさを感じてこころにダメージを受ける。時間だってお金だって費やす。

カウンセラーがプロであろうとするならば、こうしたカウンセリング自体の「原罪」のようなものも考えてみる必要がある。
クライアントはカウンセリングを受けたくて来るのではなく、短期あるいは中長期的なメリットを求めていることを忘れないことだ。

2012-03-29 08:00

Posted from DPad on my iPad

永く勤めたくないと言うのは不遜だろうか

null

前の仕事をせっかく刹那的に辞めたからか、また固定した環境で、じっとするのが勿体なく思える。

仕事や、経済や、自分の能力、人間性なんかを、色々な評価軸、現場で、冷静に判断したい。

例えば、働くときに、組織に属していれば、極論として自分が直接に顧客からお金をもらわなくても給料が入ってくる。
日当でも、月給でも、今受け取った1万円は、本当に自分が1万円分の価値のある、経済活動をしたとか、何かを生み出したとかいう正当な結果だろうか。

できれば働いた分だけお金が欲しい。
これは単にお金を稼ぎたくないというのではなく、働いて社会になにがしかの「変化」を与えてもいないのに、「反応」を得ると変な気持ちになるからだ。
逆に、自分が、外部に変化をもたらしたのならば、1円でも過小評価されるのはなるべく避けたい。

社会の仕組みはそんなに完璧ではないし、自己評価と他人からの評価は必ずズレがあるのは承知はしている。

常にどんな瞬間でも、所属を変わったり、仕事を辞めたりしても、色々な面で貸し借りのない状態でなるべくありたい。
わがまま。

2012-03-28 08:00

Posted from DPad on my iPad

ゾーンとスパークの好例に、その場で気付き損ねた

null

メッセージコントロールを教える場合、それを第一の目標にはしないということを強調しながらも、クライアントが快適で適度な緊張感を持った「リラックス状態」になると様々な「ひらめき」が生まれることも説明する。
我々は、リラックス状態を「ゾーン」、ひらめきや発想や新しい視点などが出てくることを「スパーク」と呼んでいる。

ゾーンに入れることまではメッセージコントロールの目標にするのだが、その後のスパークまでも狙うとかえってゾーンに入りにくくなったり、途切れてしまったりしがちだ。
また、座学で事例を出したり、概念を説明するまでは安定してできるが、実際にモデリングやロールプレイをしてみて、常にそれを目の前に示すということは運の要素が大きくてできない。

そうは言っても、先日の講習では自分のグループ内で、クライアント役に「スパーク」が生まれていた。
惜しむらくは、そこに入っていたコーチの私も、その現場、時間内ではそれがスパークだと(はっきりとは)気付くことができなかった
通常レベルのフィードバックや質疑応答をして、そのセッションを終えてしまった。

とても、もったいないことをした。

後から自分で振り返っていて、「あー、あれはスパークと言っても良かったなぁ」と考え直している。
その場でうまく気付かなかったのは、その、クライアントの新しいひらめきが、カウンセラー役(リレーで回していた)とのやり取り内容や言葉とは直接にはまったく関係ないものだったからということが大きい。

クライアント役は、カウンセラーが言ってくれていない、気付いてくれていないことを、自分で発見したのだ。

これなどは、正にゾーンの力、スパークの特徴、そして面白さだ。
この概念を知らない、納得していない人が、この話を聞いたら、「ただの偶然でしょ」「カウンセラーとか、カウンセリングとは全然関係ないじゃん」と思うかもしれないがそうではない。

その場で、私がちゃんと気付いていれば、リアルタイムの実例を題材に、理解と実感を得てもらうことができたかもしれないのに。
クライアント役の許可をもらって、講習参加者全体のフィードバックとして披露することだってできたかもしれない。

反省中。
まあ、次こそは見逃さぬようにしよう。

2012-03-27 08:00

Posted from DPad on my iPad

クライアントと自分をリアルタイムに観察しながらメッセージをコントロールする

null

メッセージコントロールのデモンストレーションをやっていて、珍しく新しい発見があった。

短いフレーズにも、強く感情がこもったり(こめることができたり)、メッセージが入り込んだりすることは、確かにある。

宇多田ヒカルも、「あ」から歌い始める場合だけでも、こもった声から始めるか、サラッと始めるか、ビブラートを効かせるか、かすれさせるか、ファルセットっぽくつないでいくかなど、本当に無限の表現方法があるというようなことをどこかで書いていた。
(残念ながら、今うまく、出典がみつけられない。。)

カウンセリング、そしてメッセージコントロールではプロの歌手ほどにボーカルコントロールをする必要は少ないかもしれないが、ポイントポイントでは重要だ。

クライアントが惨事に遭遇した話を聞いて、「それは大変でしたねぇ。。」とまとめたように言ってしまうと時に嘘くさくなる。
それよりも、「こうで、こうで、その後そんな状況になってしまったんですか。。」というフレーズ自体の声質に感情を込め、抑揚をつけ、表情を曇らせ(たりす)るのだ

こうしたときのメッセージは強力だ。

事故で死にかけました、という体験を聞いた時に、その話題を取り上げるか、流してしまうかという選択や、タイミング(間が0.5秒でも空いてしまうか否か) も如実にクライアントが受け取るメッセージを決める(変える)。
ちょっとでもあいまいで、ぼかしたような表現だったら、カウンセラー自身の言葉で言い換えて確認してしまおう。
さらにまた、その言い方にメッセージをこめられる。

声が落ち着いてサラッと繰り返しているか、ためらいや恐れが入っているか、早口や逆に強調して確認するようなゆっくりとした話し方になっていたりするかなど。

まるで演劇のセリフ回しのようで、シナリオのない、カウンセリングの現場ではそんなに器用なことはできるはずがないと思う人もいるかもしれないが、先に書いたように、要所要所で半ば無意識半ば計算しながら、クライアントの反応や表情をリアルタイムに確認しながら、自分が出しているメッセージをコントロールすることはもうすでに私や仲間はやっている。

一朝一夕にできるものでもないが、訓練や現場体験、そしてふりかえりでほとんどの人が身につけ、メッセージコントロールを上達させることができると感じている。

2012-03-26 08:00

Posted from DPad on my iPad

メッセージコントロールを教えにくい理由(わけ)

null

カウンセリングや日常のコミュニケーションで、メッセージコントロールを使っている。

(参考URL)

用語集 – NPO法人 メンタルレスキュー協会

(関連エントリ)

はじめはメッセージコントロールだけで十分 | deathhacks

メッセージコントロールが革命的である理屈 | deathhacks

メッセージコントロールを教えていたら演技指導をしているように思えた | deathhacks

メッセージコントロールについては現在のところ、NPO法人メンタルレスキュー協会(ホーム – NPO法人 メンタルレスキュー協会)の講習や会員や資格認定を受けた者の勉強会、あるいは書籍から学ぶことができる。

私も講習スタッフとして参加することがあるのだが、実際のところ、メッセージコントロールは教えにくい

もちろんそれは、その有効性やコツをつかんでもらうのが難しいとか、実践的なトレーニングを重ねるために場や仲間が必要だというからでもある。
しかし、メッセージコントロールを教えたり、学んだりする上では、もっと本質的、根源的な関門が存在する。

メッセージコントロールは、対面コミュニケーションの入り口として、基礎メッセージを出す。
その一つに「変わらなくていいよ」というメッセージがある。

ところが講習や勉強会という場で教えるということは、必然的に「変わりなさい」「今のままでは良くないですよ」という逆のメッセージにつながる(可能性が高い)のだ。

教えている内容が「変わらなくていいよ」から始めましょう、であるけれども、トレーニングということを目指せば、どこかの段階で「ここはこうした方がいい」「こう変えてみるともっと良くなる」というコミュニケーションが必要になってくるのだ。

このように、大げさに言えば内部矛盾を抱えながら、バランスをとっていくことが講師や講習スタッフとしての難しさとなっているのではないか。

こうした難しさやそれによる不安をマネージするには、自分自身が実践を重ね経験値を増やし、仲間らと議論を繰り返すことによって、確固たる概念を作り上げるしかない。

2012-03-25 08:00

Amazon.co.jp: 目からウロコのカウンセリング革命―メッセージコントロールという発想: 下園 壮太: 本

Posted from DPad on my iPad

他人と、あるいは自分の中でせめぎ合ってこそ倫理

R4001664

倫理的な問題を議論したり、違いに折り合いをつけたりするのは難しい。
「正義」と一緒で、そこに正解がないからだ。
10人いれば10人の、100人いればその数と同じだけの倫理が存在する。

唯一正しい倫理や正義の基準というものがあるというならば、それは法律に決めたり、警察などが運用するなりして強制力を持たせた方がうまくいくはずだ。
しかし、そもそもそうなっていないものや、そうすることができないものが、時に倫理と呼ばれている。

別の立場の人間やチーム同士の倫理が食い違ったときには、どう考えたり、どう動けばいいのだろうか。

正しさというものがない以上、互いに押し付けあうことはできない。
相手に合わせて自分が変わってしまうのも何か違う。
そんなに柔なものだったら、始めから持ち合わせなくても良かったくらいの軽薄な倫理観だったことを認めるようなものだ。

譲らず、議論する。
違いを見つける。
期待はせずに、その議論の過程で起こる感情や当然の変化を認めていく。

そんな感じだが、今のところは答えになっていないだろうか。

2012-03-24 08:00

Posted from DPad on my iPad

良い人材を入れ、その人材を起点にして組織が成長していく

null

「良い」人材というのは基準があいまいだが、とにかく素晴らしい能力やカリスマ性、ガッツやパッションを持っている人というイメージで。

スター選手ばかりを揃えても弱いスポーツチームというのは存在するわけだが、それは別に個々の能力が高すぎることがただ一つの失敗理由ではないはずだ。

人材を部品として組織に取り込むのではなく。

そうした場合、「組織に合わないから」「会社で与えられる仕事がないから」ということで去っていく人間はいなくなる。

EC Studio はそんな感じの方針みたい。

日本でいちばん社員満足度が高い会社の非常識な働き方

2012-03-23 08:00

Posted from DPad on my iPad

年配、年上というだけの人からの人生アドバイスは役に立たない

R4001656

生き方に迷ったり、不安になったときに、経験者の助言というのはありがたいものだ。
しかし、それが実際に役に立つかどうかは当然未知数だ。
人生経験が少ない人間が頭を絞って考えたアイデアも、年寄りが持ち合わせた豊富な経験則から導き出したプランも、本質的に差はない。

歳を重ねた人間が、自分の半生を振り返ったときに、その中に教訓を見出すことは確かにできる。
重要な転機になった出来事や決心を見つけることができる。
進まなかったり、選ばなかったことにより、失敗を避け、破滅をまぬがれた岐路や転換点を思い返すことができる。

しかし、それらは錯覚である可能性が高い。
少なくとも、これからを生きていくために応用・適用することができない。

ある人が人生を回想したときに、様々な決心や選択をした場面でも、どこまでその時点から見た未来を予測していたか。
そして、その予測は当たっていたか。

どんな勉強をするか、部活動は何をやる、大学はどこにいく、何という会社に入り誰と結婚する、どんな習慣を身につける、本は何を読んだ、などなど。
過去にした選択が「今」の自分につながっていることを予測できていたという人は少ないのではないか。

人生のすべて、あるいはほとんどを、予想して計画通りに理詰めに選択して今があるとは言えないのではないか。

そうした人たちが、思い込んでいる因果関係を「経験」と称して、後輩や若輩らに「こうすればうまくいく」「これは今のうちにやっておいた方がいい」と指導したとしても、それが100%信用できるとは思えない。

それらの助言や過去の現実から、真理や普遍性を見つけようとすることは大切だが、自分自身が何に依るのかは自分で決め責任を取らなくてはいけない。
当たり前のこととして、過去は未来ではないし、すべての未来が過去に従うわけではない。

他人のものでも自分のものでも過去を疑わなくてはいけない。
過去そのものではなくても、事実に見える勝手に作り出した可能性のある因果関係に騙されないようにしなくてはいけない。

2012-03-22 08:00

Posted from DPad on my iPad