量産できなきゃ戦えない

20110830120034

一定水準以上のものを量産できなくては、現場で戦えないし、存在意義すら危うくなる。
心理カウンセラーもそうだ。
IKEA家具もそう。
ガンダム(というか、ザクやジムか)もしかり。

IKEAに初めて行った。
行ったのは船橋店。

IKEA船橋 | トップページ – IKEA

IKEAについて情報や知識としては知っていたが、やはり実際に行ってみないと「理解」はできないものだ。

  • 総合的な「体験」を売っている
  • 家具やインテリアなどを売るというよりも「生活」や「スタイル」を提案している
  • スケールがとにかく大きい
  • スケールメリットや総合的なデザインによるサプライズ的な価格破壊感

IKEAでは立地や建物内の配置や動線などが明確な意志を持ってデザインされている。
ショールーム的な前半とセルフピックアップと会計をする後半が分けられていたり、その前半でも(実際は目安としての意味合いだが)順路が決まっていたりする。
前半と後半の間にレストランがあり自然な流れで前半の総括と休憩を促される感じだ。
入り口を入った直後には子供の遊技場があり、出口直前にまで格安の軽食コーナーがある。
これはディズニーランドのようなテーマパークとしてのアイデアや全体デザインがされているのだと思う。

もちろん背景にある思想やテーマだけが興味深いのではなく、郊外の広大な面積条件を利用した倉庫的な店内や、セルフサービスを基調として周知させていること、量産体制や選択と集中による圧倒的な価格設定などが、最終的に「心地良さ」や「驚き」、「楽しさ」という体験につながっている。
量産、ということについて言えば、その製品や商品、サービスが本当に良いもので、社会的にも望まれているのならば、それを目指すことはもう時代的な必然だ。
もちろん一点物の作品や芸術品・美術品を否定したり、対立的に考えるものではない。
内容やそれを使う人に生じる価値や満足感を目標にするのであれば、手で書き写した本ではなく、印刷技術で必要量コピーしたものを提供した方が良いはずだ。

IKEAモデルは、心理カウンセリングというサービスを考える上でも参考になる。

  • 部分的な技術や結果だけを重視して提供するのではなく、全体の成果や体験を提供するべきだ
  • 素晴らしい技術や体験であっても、提供できる人や場所が限られていたら、その意義は少ない

カウンセリングを学んだり、提供したりする上で、理論やテクニックは大事だ。
しかし、その提供を受けるクライアントなどにその一つ一つの意味や歴史、背景などを細かに説明したり知らせることは必ずしも必要ではない。
当たり前のことのようだが、古典的な精神分析や認知行動療法などは、そうした部分をクライアントの事情やコストに対応して調整するという姿勢が乏しい。
クライアントが望む成果や体験が、「結局」、「総合として」何なのかという視点を持つべきだ。

名人芸は、それが名人芸であるがゆえに広まらない。
多くの、それを必要とする、一般の人に届かない。

ごく限られた人しか持ちえない技術を突き詰め、提供するのではなく、誰でもちょっとした労力や時間でマスターできる技術にはネットワークが普及した今こそ価値が高い。
技術者を量産し、大量に提供することを目指すのだ。

注意したいのは、量産を礼賛することは、最先端の技術や研究の価値を否定しているのでも不要だと言っているというのでもないことだ。
理想的には市場に提供されるカウンセリングの質と量がピラミッド型になることである。
今の世のでは、学術的・研究的な権威によって、ピラミッドのある部分から下が小さかったり無かったりしている。
また、カウンセリングの技術者を「量産」するといっても、その「量産型」が誰にも彼にでも同じ対応をするとか同じケアをするとかいうことではない。
内容のすべてまでを「コピー」するのでない。
家具やインテリアの一つ一つが同じであっても、それが入る家や部屋、並べ方や組み合わせの種類は無限であるし、より好ましいゴールはクライアントそれぞれによって異なるだろうことと一緒だ。

2011-08-31 09:00

精神科医でも「診断」を理解していない

R1009170

うつ病や統合失調症、神経症や適応障害などを、プロフェッショナルとして精神科医が判定・判断し、「診断」するということについての理解が浅いことがある。
「診断」は、ツールであり、窓だ。

精神科の診断はなんのためにするのか?あるいは新型うつについて | deathhacks

診断は窓に過ぎない | deathhacks

よくあるのが、診断基準に当てはめて、ある患者・クライアントに、その結果をそのまま伝えることだ。
「うつ病ですね」
「診断書は『うつ状態』にしておきますよ」
「言い方、書き方は『自律神経失調症』の方がいいですか? 希望をおっしゃってください」
これらのフレーズは、科学的に事実だと思われることであったり、一見配慮を含んでいるように見えたり、正しいことを言っていたりするように思える。

しかし、大事なことや、本当に患者・クライアントのためになる配慮をしていない可能性がある。
患者が知りたいのは、「診断名」ではなく、その診断によって、あるいは自分の今の状態が何なのか、だ。
それによって、何ができて、何ができないか。
仕事は続けられるのか、続けていいのか。
生活を変える必要があるのか。
病院にはどのくらい通わなくてはいけなくて、薬はどのようにするのか。
お金はどのくらいかかるのか。
そして、治るのか否か。

質問・疑問のうち、いくつかには答えを用意し、説明するとは思うが、なぜ当事者がそれを考え、その心配をしているのかという視点が医療には不足している。
ただ単に仕事として、決められた、科学的・医学的判断を供給・提示するだけでは足りない。
でなくては、診断を告げ、患者やクライアントの不安を最大限にあおるだけあおって、当事者の最大の関心事について考えることもなく医療をしていることになる。

2011-08-30 08:00

メールでのカウンセリングで文章や言葉を繊細に扱う

SDIM1022

現在は、メール(Eメール)を使って相談をしたり、受けたりということが一般的になった。
直接に対面しなくてはカウンセリングではないとか、効果(それはなに? 元々科学的に定量もしくは定性的に判定していた?)がないというのはナンセンスだ。
もちろん現実に顔を合わせてするように、表情や声のトーン、間や沈黙、リズムのあるやり取りの交換などはメールでは難しいだろうがそれは当然のことだし、適材適所に扱えばいいだけのことだ。

むしろ、メールというツールの持つ特徴や利点を理解して活用すれば、良い成果が得られる。
クライアントが長い文章を寄越すのは情報量が増えることと、思考や感情を外部化、客観化する作業としてみると良いことだ。
もちろん文章を書くことを含め、どんな作業にも疲労などによるマイナス面もあるから注意をはらうのは他のどんなものとも同じこと。

カウンセラー側が送る言葉や文章は、誤解が皆無であることを狙う必要はない。
情報提供という目的がはっきりとしている場合を除けば、短いほうが良いだろう。
メッセージコントロールをした文章を、クライアントの状態や性質を考えて、適切な漢字や語彙で表現することは普段から訓練していなくてはできないだろう。
それが「言葉を繊細に扱う」ということだ。

普段の直接対面するカウンセリングでも、自分が発する言葉やフレーズに注意を向ける。
メッセージコントロールに馴染みが深くなると、今度はなんでも雰囲気や態度、表情だけでクライアントに伝えてしまえるという誤解をする場合がある。
一定以上の人生経験があり、知的なクライアントであれば、想像以上にカウンセラーの一言一言に影響を受け、反応している。
それが、電話やメールなどのコミュニケーションの中ではより拡大される。

Twitterやブログなどがこれだけ普及した世の中だ。
紙媒体の、いわゆる「本」や「書籍」を読む機会は減っているかもしれないが、単純に「文字」を読む機会は現代がもっとも多くなっている。
また、文章を書くことも多いし、その経験も増えた。
一世代前くらいまでは、強制されたとき(教育の場や、年賀の挨拶くらいか)にしか、手紙や文章をしたためなかった年齢までに、現代に生きる者はその数十倍の文章を書いているだろう。
それが、筆記具を手にして紙に書いているのか、それとも小さなケータイの画面に指だけで打ち込んでいるのかはあまり関係ない。

短さを競うものでもないし、必要でもないが、いかに適切なかたちで文字や文章やフレーズや内容を扱えるかということが、カウンセリング全般の能力として試される。

2011-08-29 08:00

組織介入においては単純に守秘すればいいわけではない

SDIM1004

ある組織で事故や自殺が起きたとき、または災害に見舞われたときなどに、外部から惨事に対するメンタルサポートをチームとして提供するノウハウはまだ一般的なものはない。
チームサポートの存在自体がまだ一般的に知られていないということと、日本でその重要性や必要性が認識されたのが最近の十数年であるからだ。
具体的には阪神淡路大震災以降ということになる。

外部組織がチームとして介入サポートをする場合、そして教育や情報提供だけでなく、個人へのいわゆるカウンセリングをする場合に、「秘密」の取り扱いが一つのテーマになる。
旧来のカウンセリングの原則としては、たとえ組織が主導した場とは言っても、その組織所属の個人とカウンセリングで話した内容については秘匿することになる。
しかし、はじめに書いたように、この分野や活動はまだ過渡期であり、社会も常に変化してきている。
ある程度、型が決まってきているように思われることもあるカウンセリングと同じく、現場や個別ごとのアレンジや応用の範囲は広い。

何か重大な問題と状況を抱え、しかもそれが周囲に知らされていないようなクライアント個人と面接をした場合、その人の秘密(共有されるまでは秘密のままだ)やカウンセリング内容、フォローアップをどう扱えばいいだろうか。
介入を依頼した組織としても、とにかく色々な情報を欲しいという実状がある。

「面接で、ウチの社員はどんな様子でしたか?」とか「注意して観察しておいたほうがいい人はいませんでしたか?」とかいう質問を担当責任者からされたときに、「いや、カウンセリングで話した内容は守秘することになっていますから!」という古典的な応対は現在は難しいし、現実にそぐわない。
かといって、何でもかんでも組織と共有してしまうという風に簡単にはいかない。
バランスを取ることが必要になる。

「こんな問題を抱えている人がいました」とか「かなり疲労しているけれども表面的には出していない方がいました」というように概略だけを伝えるやり方もある。
ただし、具体的個人名がないまま、この内容だけを話すと、相当に理解があり、責任能力がある人が担当者でない場合に、単に心配事を増やしてしまうことにもなりうる。

困っている個人にも説明し、理解してもらった上で、組織に対しても説明して、この先協働していく方向に持っていくのが、一番理想的かもしれない。
しかし、個人が内心や秘密を守りたいという意思があれば(それがたとえ冷静で適切で論理的なものではまったくないとしても)それを貫く権利はある。
介入者がプロフェッショナルであっても、組織に管理責任があったとしても、押し付けることは難しいし、実際にはその問題の内容によって境界はあいまいで定型的に判断することはできない。

個人には内緒にしたまま、組織・担当・責任者には、情報を伝えるという手もなくはないが、もしもそのことが明るみに出た場合を考えるとリスク高い。

組織への介入については、これまでに学術的な議論や研究はされてきているが、日本で現状に即した情報は少ない。
これは、個人に対するカウンセリングや契約とはかなり違うということを認識しておかなくてはいけないということだ。
相手も組織で複数あるいは法人格(など)、サポート側もチームであったり能力が様々であったりする。
現場では、通常のカウンセリングやサポートと同じで延長線上にある部分と、そうではない部分をチームの全員が高いレベルで理解していなくてはいけない。

2011-08-28 09:00

天才は正しさを証明しなくても良い

SDIM0974

天才は常に正しい

世の中には「天才」がいる。
天才は、物事の本質を即座に見抜いてしまう。
天才には、出来事の結果が前もってわかる。
何をすれば問題解決になり、それをどう実行すればいいかが、天才には見えている。
逆に言えば、そういう人間が本当の「天才」なのだ。

だから、天才は考えたことや、言ったことが正しいかどうかを証明する必要がない。
もちろん、自分で実行して証明しても構わない。
ただ、結局は正しいことが証明「される」。
あるいは後から「わかる」

ガリレオが「太陽が地球の周りを回っているのではなく、地球が太陽の周りを回っているのだ」と言っても一般凡人は理解や納得がすぐにはできなかった。
それが科学的に真実であったのに。
ガリレオは観測の結果と計算によって、事実を証明したのであって、真実を天才的に直感で見抜いたのとはちょっと違うけれども。

「正しい」カウンセリングは触れればわかる

カウンセリングにも似たような面がある。
確かに個々のクライアントやカウンセリングはあまりに個性的、個別的だから、一つの定型的なやり方を「正しい」ものとして決めたり、教えたりすることは難しい。
しかし、それは「正しい」やり方がまったくないということではないと思う。
そして、世の中には「間違った」カウンセリングが少なくない。

現在のカウンセリングは、一流の料理の賞味や美術品の目利きと同じで、良いものに接してみて初めて気づくものだ。
何が一流であるか、どんなカウンセリングが良いのかを簡単に口で説明できないのはプロフェッショナル側の力不足ではあるかもしれないが、食べ物と同じで「口にしてみれば違いは明らか」だ。
一目瞭然であって、「論より証拠」、「百聞は一見に如かず」なのだ。
しかし、良いカウンセリングに会ったことがなければ、知らなければ、「こういうものなのかなー」「こんなものなのだろう」としか思えない。
それは、知らないからとしか言いようがない。

証明を外注に出す

現代は、思いつきや「ヒラメキ」を気軽に広くアウトプットするチャンスや場やネットワークが低コストに存在している。
これにはどんなメリットがあるだろうか。
何事でも、とりあえず正しさや実現性、現実性などを度外視して世に出してしまい、有効性や不具合、論理の瑕疵などの証明や検証は他者や集合知に任せ委ねてしまってもいい時代になっているのではないか。
それこそ、どんな学問的あるいは工業的分野でも、とりあえず個人の頭から外に出して議論をしてみる、試作をしてみてから考えることの利点が知られるようになっている。

不確かなものや個人と組織の権利などに関するものを気軽に公開してもいいかという部分は並行して注意と議論は必要だ。
風評被害的なものや名誉の毀損につながるような可能性への安全性は別のシステムで確保するべきだろう。

2011-08-27 09:00

完成形を待っていてはいけない

SDIM0998

何かアイデアが浮かんだり、あったりしたときには、まず既にあるもの、既に持っている技術での実現を考えよう。
プロトタイプをつくる、という感じだ。
別にそれがうまくできなかったり、軽く失敗したりしてもいいじゃないか。

もちろん一番簡単に試作してみた段階でもいろいろな意見が意見が出るだろう。
「そんなことに意味があるのか」「時間と労力の無駄じゃないか」「今ある技術と知識じゃ無理だろう」などなど。
しかし、ただ頭の中で考えて、思考としてだけ存在しているアイデアと、ほんの少しでも形にした仕事には天と地ほどの違いがある。

他人の助けや知識を借りるにしても、技術を探すにしても、今ならばほぼノーコストだ。
「チャレンジ、ファースト」で良いと思う。

2011-08-26 08:00

記録は諸刃の刃だ

SDIM0951

一定以上の組織やプロフェッショナルには記録が求められる。
その背景には法的なものと倫理的なものがあり、ないまぜになっていることが多い。

記録をすると今度は秘密の扱いや処理、時間やインフラ、労力やコミュニケーション上のコストが増える。
このコストは、効率化やITインフラの発展で下がっている面もあるが、何でも記録できるようになったからと、却って莫大な量を支払う必要も出てきている。

この部分にも、自由や選択肢が増えたからといっても、簡単に幸せや「快」が手に入るわけではない状況になっている。

2011-08-25 12:00

Google検索、Webでの評判、コストパフォーマンス

20110819182155

いまどきのブランディングについての雑感。

Googleで検索されないものはこの世に存在しないも同然

これだけのネットワークが存在するのだからそれを利用しない手はない。
過去の、狭く深い人間関係・情報との結びつきから、広く浅い関係に移ってきている。
ここで大事なのは、「狭く深い」か「広く浅く」かは選べるということ。
もちろん理想的には「広く深く」なのかもしれないが、時間という有限な資源によって制約を受けるということを考えれば、広さ(狭さ)と深さ(浅さ)はX-Y軸にはならない。
その掛け算、つまり面積が一つの軸の値になり、もう一つが時間になる。

良いアイデアを出すためには一つ一つの質を高めることの前に、量(数)を増やすことが有効だということは常識になっている。
それと同じで人間関係の分母を増やすためにはWebネットワークの力を用いないわけにはいかない。
そのために必要なのは、現時点ではまず、「検索されること」である。

Webでの評判は重要ではない

「Googleで検索されないものは無いも同然」と言ったことと矛盾するが、Web「だけ」を重視する必要も、今のところはない。
結局、スマートフォンなどが急速に普及はしてきているが、大衆が本当にそれを求めているのか、心からそれを望んで楽しんでいるかはわからない。
本当の普及、情報革命には数十年はかかる。
産業革命や鉄道革命と同じ事だ。
革命が革命に見えている間はまだ革命は終了していないということだ。
それを見て、無感動というのではなく、なぜそれが革命なのか、革命だったのか忘れてしまっているという状態になって初めて、歴史がそれを革命だったと記録する。

Webは流行っているように見えるが、まだまだ気にしていない世代は多く残っている。
そういう人たちは最後までWebや検索に積極的に関わろうとはしないだろう。
自分をエゴサーチしてどんな評価がされていようが気にしなかったり、そもそも知らなかったりする。
もしも自分に関する悪評があっても、それはごくごく少数のノイズにしか見えない。
周りには自分を守ってくれる、自分が守るリアルな人間関係もあるだろう。
しかし、革命は革命であるが故に進行していく。
決して止まらない。
あとは時間との兼ね合いで、革命がどの状態までくるか。
それに対して自分の人生が終わるのか。逃げ切れるのか。黙殺して終わる、終わることができるかという人知を超えた話になる。

評判とコストパフォーマンス

人間関係や評判、Web検索性などは、別にそれら一つ一つが常に最重要なものというわけではない。
例えば、あるレストランがあったとする。
そこの料理の味は最高なのだが、接客やサービスなどに難があるとしよう。
他人や客から見れば、「惜しい」気がしてしまう。
「もう少しお店の人が気持ち良く対応してくれたらいいのに」「場所さえ良ければもっともっと流行って儲かるだろうに」と考える。

しかし、当事者、店のオーナーやシェフ、スタッフはそうは考えていないかもしれない。
「今くらいお金が入ってくるなら問題ない」「別に不満があったり、嫌だったりする客だったら来てもらわなくてもいい」と思っているかもしれない。
実際、メディアや口コミなどをきっかけにして、急にそのレストランが流行ってしまい、却って常連を失ったり、料理の質が落ちたりということでせっかくのバランスが崩れてしまうことは常に可能性としてある。
あるいは、店がそういう遠謀深慮をしていて、うまくコントロールしている結果としての状態が今現在なのかもしれない。
「あまりサービスや立地を改善したり、宣伝をするとかき回されたり、自分たちのペースが乱れてしまうぞ」という風に。

まとめ

かように、ネットワークや情報、評判やそれに伴うブランディングというものは複雑な面がある。
それ自体は本質なのかどうかも定かではない。
しかし、それらをコントロールしたり、主体的に選んだりできるかは別にしても注目はして耳を立てておく必要はある。

2011-08-24 08:00

(関連する本)

ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる (ちくま新書)
梅田 望夫
筑摩書房
売り上げランキング: 8604

一日に1個のミッションを達成すればいい

20110811210735

ミッションは何でも構わない。
小さいものでいい。
必要なものを買うとか、どこかに遊びに行くとか。

例えば今日の私のミッションは「区役所に行く」というものだ。
他にも色々しなくてはいけないこと、したいこと、しようしようと思いながら積み残しているものなどいっぱいあるが、気にしつつも「気にしない」。
一日に1つずつ「何か」こなしていけば一年では365個の「何か」をしたことになる。
何かをしていれば変化が起こる。

あとはその日その日のミッションの計画や選別の精度が問題になるだけだ。
受動的な仕事や用事を日々こなすことで成長したり充実した生活になる人もいるだろう。
しかし、多分今の自分は、すべて自分からアクションを起こしていかなくてはいけない。
でないと不変になる。

2011-08-23 09:00

思うにこれまでのカウンセリングというものは時間をかけすぎている

20110819135147

「慌てず、焦らず、クライアントの内面や感情、思考を丁寧に確認していく」というと聞こえは良い。
結局、カウンセラーの分析や検討、テクニックやメッセージコントロールが足りなかったり、「カウンセリングというものは時間がかかるものなのだ」という固定観念から、いたずらに時間がかかってしまっている。
これがクライアントの希望であったり都合に合わせた結果であるのなら、まだ合理的、倫理的だが、私の考えではカウンセラーの側の事情や能力がそういう「のんびり」したカウンセリングを生み出していることがかなり起きている。

斬り込むべきときに、適切な言葉やメッセージを出していないから、ぬるい、時間やエネルギーを意味少なく消費してしまう状況になる。
そのように消費してしまう、もっとも惜しい資源は時間だが、現実的には金銭的なものが大きい。
これはカウンセラーが意識することは人によって少なかったり、時に忘れられたりする。
クライアントはカウンセリングに来て、「特別な時間を過ごす」ということ以外にも「変化」を求める。
それに応える絶対確実な方法はない。
しかし、そうするための努力は最大限しなくてはいけない。
しかも、現代的なカウンセリングの社会からの評価やどの分野でも求められる務めとして、その経過や評価を自己あるいはクライアント、さらには第三者から常に受ける必要がある。

これは単に、産業的な意味としてのQC; quality controlや透明性(transparency)という最近ではごく当たり前の考え方だ。
決して「カウンセリングというのは魂同士の崇高な対話であって記録や科学的分析はできない」云々というような逃げを「最初から」してはいけない。

ズバッと入って、適切な処置やアドバイスをして1回、2回の面談でクライアントが満足して、次の人生に向かうことができればそれがいい。
何も半年、1年、あるいは数年来のリピータークライアントを育てるのがカウンセラーの実力を示すことではないだろう。
ただし、「早くクライアントを満足させるほど経営上は不安定になる」という必然を一般のカウンセリング業では抱えることになる。

2011-08-22 11:00