ブログの言論の表現の自由


R0012302

> まったくだなぁ。 – 「規制条例反対派の論では規制派の論には対抗できない」渡邊芳之さんによる東京都の表現規制条例についてのツイート http://togetter.com/li/76112

Twitter / fumitake1969: まったくだなぁ。 – 「規制条例反対派の論では規制派 … : http://twitter.com/fumitake1969/status/11861964259065856#

現代は発言にしても執筆にしてもブログ表現にしても気を使います。

どこまでが「表現」でどこからが「犯罪」なのか。

法律や国家はツールであって主体や絶対正義ではないことを忘れないように。

成熟した、直接に争いや、飢え、環境による生命の危険がない社会では、やはり悩みが変化している。
高度な知能と感情を持っ(てしまっ)た人間にとっては、飢えや寒さに苦しむのも、生きがいや幸せがないと悩むのも、同じように重大な問題になっている。
これを成熟と言えるかどうか。
進化と言えるかどうか。
時間軸的に、物事がすべて良くなっていくという楽観的な視点では、昔より今が良い社会のはず。
エントロピーが増大していく総和で考えると、不変もしくは悪化しているとも見れるか?

「傷ついた教」「傷つけられた教」にはウンザリする。

2010-12-07 06:00

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください