惨事介入の注目点


R4002016

ある組織で惨事が起きたときに、従業員が注目していることを、管理者や人事が見積もるとしよう。

従業員や社員が見ているものが惨事だけだと考えたとしたら、半分しか正解とは言えない。

従業員らが全神経を集中して見ようとしているのは、惨事そのものだけではなく、観察者であるつもりの会社やその管理者や人事もである。

その出来事をどう捉え、扱い、自分たち従業員に対して何をしてくれて、逆に何をしないかを固唾を呑んで見ているということを関係者は意識しておくべきだろう。

2012-05-14 19:00

Posted from DPad on my iPad

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください