うつ的思考やトラウマを打ち消すのに時間が必要なわけ


R4000714

おかげ様で下記Tweetに若干のFavとRetweetをいただいた。

[blackbirdpie url=”https://twitter.com/#!/neti2/status/136612895210471424″]

元々は次のtumblogエントリを読んで、褒めることによる学習も失敗による学習も、人間の中に起こっていることは生理的にも心理的にも同じだろうと考えた。

六百デザインの「嘘六百」: 時折綴る「子供にゲームをさせよ論」のコト
(原典ブログエントリを追加 2011-11-21 20:00)

tsuka tumblr : http://ktsukago.tumblr.com/post/11969901900/tv

そう。
世の中の出来事に善悪や良い悪いなんていうものは実在しない。
それは単に人間や社会が勝手に創りだした価値観だ。
だから、ある国で正しいとされていることが別の国では罰せられる。
昔は良いことだと思われていたことが現代においては皆に否定されるということが起こる。

絶対的な正義はないし、完全なる悪もない。
それは人類の宗教やら思想やらの対立の歴史が演繹的には証明している。

注目したのはそこまで大きいテーマについてではなく、うつやトラウマなどに関連した、あるクライアントが持つ苦しい
記憶や学習を緩めたりなくしたりするにはどうすればいいのかということを論理的に考えて編み出すこと。
ネガティブな内容の学習のしくみについては以下のエントリに書いた。

うつが「誤った学習」をもたらす | deathhacks

ここからわかることの一つは、うつ的な思考やトラウマは「学習」の結果生じているものであること、学習に繰り返しや時間という要素があるからにはそれを打ち消すためにも繰り返し、そして同等の(まったく同じとは限らない)時間が必要だということだ。

2011-11-19 10:00

(関連URL)

「より速く適切に学べる人」:その理由 « WIRED.jp 世界最強の「テクノ」ジャーナリズム

(追記 2012-01-08 14:00)
(関連エントリ)

ゲームの適切な管理 | deathhacks

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください