味覚を、変わりたい

20130310115332

食べることは生きることに直結する。
量や概ねのエネルギーさえ確保できればすぐには死なないし満足できる。
古代には人類のほとんどが飢餓やその不安と闘ってきたとか、近代でも国家や政治の不安定で飢えていたという時代もあるが、それでも着実に食の安全は高まり、人類としての文化、文明、ノウハウは蓄積してきている。

逆に、現代だからこそ、摂取エネルギー過剰や、塩分過剰、脂質過多などによる生活習慣病のリスクが高まっている。
このリスクのやっかいなところは「人間の本能としてはリスクに感じられない」というところだ。
人類は、エネルギー欠乏や脂質の予備量確保、塩分を貯めこんでの体内環境整備を長らく追い求めてきていたから、それが簡単に確保できる状況になったからといって簡単にブレーキをかけることはできない。

まず、センサーを、味覚を、身体の感覚を敏感に取り戻さなくてはいけない。
そうでないと、せっかく医療の進歩や、政治・生活の安定で得た長生きできる利点や、文化・文明が進歩したことによる人生の楽しみを十分に受け取ることができない。
過剰なダイエットで死にかけるのも、グルメ気取りで食の快感に不適切に取り込まれ短命となるのも馬鹿げている。
ナンセンスだ。

勝間和代氏の最近の関心テーマとしても、食やダイエット、健康というものが多く取り上げられている。
これは、健康そのものが目的ではもちろんなく、健康であることによってやりたいことがうまく永くでき、より楽しんで生きることができるからだと理解している。
そして、そのための工夫や試みは、修行的な「苦あれば楽ありというような」報酬型ではなく、現代の叡智やツールをうまく使えば、過程そのものが楽しくなるのだとわかる。

自分も高校から大学の頃には、丸山淑生氏の食に関する本やエッセイを読んで、いたく感銘を受けたがその後実践をしてくることはできなかった。
しかし、今齢40を目の前にして、今後どう生きていくかを考えた時、食の工夫や立て直しはぜひともしたいところだ。
様々な出会いやきっかけもあり、運動への関心とともに、食へ挑戦も計画し始めている。

2013-03-12 07:00

「キチンとしていること」と「キチンと感」の違い

20130121125142

キチンとしていること、には定義はない。
それを見た人の受け取り方、主観次第だ。

「清潔なこと」と「清潔感」の違いと同じようなものだ。
元々、清潔である方が好ましいという価値観は、ヒトが生き物として穢れや不潔、細菌やウイルスなどによる感染症や食物の腐敗と闘ってきたという歴史から生まれ引き継がれてきている文化だ。

だが、現代であれば、特に日本であれば、清潔であることはほぼ無料・無償となっている。
巷に病気があふれているということはないし、普通に水道の水を飲んでもお腹をくだすこともまずない。

不潔がタブーになった理由 | deathhacks

それでも、ヒトは必要以上に「より清潔」であることを求める傾向がある。
それが「清潔感」、なんとなく「キレイなものに惹かれる」という感情に現れるのだと思っている。

人間誰でも、完璧ということはないわけで。
たまたま目にした対象の、清潔感やキチンと感などを目印にして好ましく思ったりという偶然が連続したりすると簡単に思い込みをしてみたりすることになるのだろう。

2013-01-22 07:00

人類3つの革命

20121215113528

人類にはこれまで3つの革命が起きている。
農業革命、産業革命、そして今起きている情報革命だ。

農業革命は食料の供給量を安定的に増やした。
これによって、知的作業・芸術・余暇などへの時間とエネルギーの分割・分業が可能になった。
ときには世代を越えるような、長期的な予想や計画も可能になった。
貧富の格差も増え、不安な未来も生まれたが。

産業革命によって、大陸間や地球全体での富や物資、文化や文明の移動と交流が可能になった。
ただし、兵器や大規模戦闘、環境破壊などの元にもなった。

今起きている情報革命は、農業革命によって生まれた余剰資源とそれをレバレッジする産業革命の両者に依っている。
プラスとして生み出すものは多いが、親に当たる農業革命や産業革命と同じように、マイナス面を必然的に含んでいるのだろう。

2012-12-17 08:00

(関連書籍)

ゼロからわかる 経済学の思考法 (講談社現代新書)
小島 寛之
講談社
売り上げランキング: 12067

人間の眼の機能について私はまだ何も知らない

R4002775

今回は珍しく人間の生物的な機能としての「眼」の性質についてメモ的エントリを。

私は医者だから、ひと通り、医学的な、学問としての人体やその関連については当然学習している。
かっちりと基礎から勉強したのはもう15年以上も前になる。

しかし、今ごろ、最近になってからも、あらためて人間について「知る」機会は多い。
もちろん現在指向しているような心理や社会学上の人間というものについては発見ばかりだ。
それだけでなく physical なことについても、昔はなんとなくわかったような気になっていたが、実際の日常や自身の体験としてあらためて再発見することがよくある。

その流れで、「眼」や「視力」というものについて。

  • 知り合いにも、色々なタイミングで出産や乳児・幼児を子育て中ということが増えた。新生児から乳児くらいまでの間に、視力は成長する。人間の眼は生まれながらに「1.5」とか「2.0」というような能力を持っていない。赤ちゃんはたいてい目の前近くにいる両親をボヤーッと見ているだけだ。後は光の明暗を感じているくらい
  • 眼には中心視力というものがある。簡単に言えば、視野に入ったものすべてにピッタリと焦点が合って、はっきり見えているというわけではないということ。意識して視線を定めたごく狭い範囲でしか文字を読んだりすることはできない。これが腑に落ちた体験は、自分で撮った写真を後から眺めていて、なんで撮っている時にはこのディテールに気付かなかったのだろうと思えることが何度もあったため。静止画として固定した写真ではじっくりといろいろな箇所に視点を向けられるから、当然撮影時には認識できなかったような細部まで観察することができる
  • 中心視野に関係してもう一つ。街を歩いて、知り合いに偶然あったりするような時に、ごく近く、ほんの1m前や横に相手が来るまでまったく気が付かないということはよくないだろうか。これは単に意識をしていないとか、気を抜いていたからというだけが理由ではない。人間の眼はしっかりとその方向に視線を向けなくては物の形や人の顔などを判別することができないのだ。かえって遠くからまんべんなく人の雑踏を眺めていたりすると(確率的な問題はもちろんあるが)知人を見つけてしまったりする

このように、専門的であってもそうでないにしても、「知っている」ということには単なる「知識」というレベルだけでなく、「体験としてしっている」「適切な事例を挙げられる」などの段階がある。

ただ好奇心を満たすという望みだけであれば別だが、世の中すべての事柄について「体験」や「事例」のレベルまで詳しく知ることは不可能だ。
そのことを知った上で、専門家としての領分では自分の知識や技術が果たしてどのレベルであるのかを、吟味して自分自身に突き詰めることを繰り返さなくてはいけない。

2012-08-07 15:00

時間とお金の等価性の話

20120718180228

時間をお金で買うことができる

「時間をお金で買う」とは、長距離移動する時に、車なら高速道路を使うとか、電車ならば急行や特急、新幹線に乗るようなものだ。
徒歩と電車・バスを組み合わせるのではなく、タクシーを使ってしまうというのも、時と場合によってはコスト的に十分ペイするだろう。
ルーチンワークなどを社内外の他人に外注して、自分自身はより高付加価値のある仕事をするというのも同じことだ。

現代社会のネットワークや技術、密度などを活用すると、増々容易に時間というものをお金で買うことができるようになっている。

お金を時間で買うこともできる

では、逆に「お金を時間で買う」ということを考えてみる。

これは一般的な雇用における時間拘束や、もっと直接的には時間給を払うことで労働力を買い上げるしくみということになる。

実際は時間だけではなく、その時間内に肉体や頭脳を使って仕事力を提供することによって、汎用的な価値のある金銭を得る。
金銭が時間に比べて優位なことは、それを様々な物やサービスと交換しやすいという点だ。
それに他人の時間を直接にいただくわけにはいかないが、お金ならばそれが可能になる。

「タイム」という映画ではそのものズバリ、金銭が経済の血液ではなく、時間がその代わりになっているという世界を描いている。

TIME/タイム [DVD]
TIME/タイム [DVD]

posted with amazlet at 12.07.21
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2012-07-18)
売り上げランキング: 264

時間とお金の違い

時間とお金の違いは何だろう。

どうやら、現代社会ではうまいことに、互いに様々なレートで行ったり来たりをさせることができる。

ただし、お金の方が、無限性が大きい。
科学的にどうかはわからないが、ある程度コントロールされつつも、世の中の貨幣経済の総量は増えている。
理論的には無限だろう。

実際は無限でなくてもお金と比較すれば、その差は歴然だ。
時間は誰でも最大で一日24時間しかないものだから。
逆に何かしらの理由で時間を早く進めたくても不可能だ。

それに人間は生き物としての制約があるから、24時間が平等に与えられていても、その中で睡眠や食事、社会的な義務などでその利用には一定の制限が加えられている。

まとめ

時間とお金は異なる概念だ。
ただし異論はあるかもしれないが、どちらも人間が生み出したものだ。
概念は変えられるし、意思や思考によって利用や運用ができる。

これらを交換可能だというのは、別に不思議でもなんでもない。
元々どちらも人工的なものだからだ。

2012-07-21 09:00

(関連エントリ)

自由と時間と健康とお金の話 | deathhacks

悲しみや笑いよりも、怒りとか驚きの方が、感情としては古いのかもしれない

null

人によって意見は違うだろうが、動物は、悲しんだり笑ったりしないように見える。

そうは言っても怒りとか驚きの表現をしているところは思い浮かべられる。
野生動物が怒って人間を攻撃してきたり、驚いて身を引くような場面はあるからだ。

これは、悲しみ、怒りの表現方法が顔の表情という、行動や身体の動きに比べて小さいものだし、動物の顔面が毛に覆われていることが多いからというバイアスもあるのだけれども。

いずれにしても、私の仮説としては、《(新)悲しみ・笑い>(旧)怒り・驚き》と考えている。

怒り・驚きは、より強力だが、エネルギーを多く使うこともあって長い時間続くものではない。
その分ピンチのときには有効な場合が多い。

2012-07-15 12:00

Posted from DPad on my iPad

アルコールを飲む時間は本当にプライベートと言えるか

R4002222

仕事をこなしてオフの時間になったときに、ストレス解消やリラックスの手段としてお酒を飲む人は少なくない。
ほとんど毎日習慣のように飲む人もいる。

面白いことに、仕事(オン)が忙しければ忙しいほど、緊張や負荷が強ければ強いほど、お酒を飲まずにはいられないという意見も聞く。
確かにどんな形であれ、飲酒によってある種の解放(感)は得られるかもしれないが、医学的・科学的にみると、量が過度になると確実に健康を蝕むし、そもそも貴重な時間それ自体が削られる。
引いては、仕事のパフォーマンスに影響があるとすれば、そもそも何のために仕事と生活をしているのかわからなくなりはしないか。

ワークライフバランスという言葉があるように、ワーク(仕事)とライフ(プライベート)を区分するという考えにも一理あるが、最近は結局一人の個人、そして人生の充実を考えれば、別の概念の方が適当だろう。

アルコールの話に戻れば、激務の後に酒を飲むことは、本当にオフの時間なのだろうかと最近思う。
他人から見ればそれは完全に、仕事ではないし、業務外だし、好きでのんでいるということにしかならない。

しかし、人間なんていくら理性や頭が賢く働いていたって、所詮動物だし、物理や化学の法則に従わざるをえない生き物だ。
人間は、一日の仕事が終わって、さあここからはどうぞリラックスしていいですよと言われたって、瞬間的に切り替えられるものではない。
そりゃあもちろん、意識の中では警戒・緊張を解こうと思っても、実際には時間がかかるわけだ。
仕事の身体的・精神的負担が高い状態がオンにあればなおさらだ。

先に言ったように、人間は意識や精神だけの存在ではない。
仮に精神や思考が電気的な仕組みと反応だと言い切ったとして、その切り替えは数秒から数分単位で可能かもしれない。
しかし、生体に関するホルモンやら血液やら(アドレナリンとか)のギアチェンジは、物理・化学法則に従わざるをえないから、そこまで短時間では切り替えられない。

かくして、「早くリラックスしたいのに、頭ではわかっているのに、身体は緊張や苦しさが続く」という状態が起きる。

これを短時間で手っ取り早く切り替えようと思ったら、半分 cheat かもしれないが、薬物(化学物質)を使うしかない。
医療的な妥当性がなく、合法的にやろうと思えば、アルコールを利用するということになる。
少なくとも本邦ではこれが一番リーズナブルだ。

だから、すべての人がそうだとは言わないが、仕事終わりにアルコールを飲むというのは、何か悲壮な儀式 routine かもしれないと感じる。
もしも仕事を終えて、十分にオフに切り替えていく時間があり(スポーツ後のクーリングダウンみたいな感じだ)、さらにその後余暇として趣味や別の楽しみ(これがより適切なプライベートだと思う)に当てる時間が残るのならば、依存は別にしてアルコールを飲む合理性は少なくなるのではないか。

こうして考えると、アルコールを飲む時間のいくばくかは、ビジネス時間(オン)だと捉えてもいいんじゃないかと心情的には思えてきている。

2012-06-20 11:00

Posted from DPad on my iPad

人間の研修を料理で例えるよ

20120603131520

研修や学習の結果として出来上がった(変化した)人間を料理としよう。
ビフォーの人間は材料・素材ということになる。

出汁や味を染み込ませて一つの料理、つまり煮物として世に出し、お客さん(クライアント)に食してもらうのがゴールになる。

味付けを濃くすれば、よいオカズになるかもしれないが、くどくて日常的に食べられるものにはならないかもしれない。
やはり、元々の素材の味を活かした料理に仕上げたいものだ。

かと言って調味が薄過ぎても、「料理」にはならない。
それでも良いと言い出したら常に、野菜は生のサラダで食べ、肉は生肉のママ、あらゆる食物について加熱や調味料を使わないというようなことになってしまう。

いくら煮込んでも、まったく味が染み込まない素材もあるだろう。

煮込み過ぎて煮崩れてしまうのもいけない。
うまく面取りでもしてあげればいいのかも。

人の研修と煮物はどこか似ている。

2012-06-04 12:00

Posted from DPad on my iPad

恵比寿駅で人間の業(ごう)の深さを想う

20120603065207

今現在(2012-06-03)恵比寿駅のJR-東京メトロの間で、連絡通路・階段のエスカレーター設置工事が行われている。
もうずいぶん長いこと(1年くらい)かかっている気がする。

やはりエスカレーターは必要なのだろうか。
バリアフリーということだけならばすでにエレベーターは設置されている。
そりゃぁ、エスカレーターがあれば私だって積極的に使うけれども。

また、工事をするのに、通行止めにすることなく、通路と階段を稼働したまま、チョコチョコと動線を調整しつつ、進めているのもスゴイなと思う。
いったん止めてしまえば、全体としての工期も短くなるだろうし、安全の確保コストや案内員の配置、お詫びや誘導のアナウンスなども要らなくなるのに。
日本の建設会社の技術や体力によれば、こうした「無理」が可能になってしまうから、却って始末に悪いのかもしれない。

こうしたことを同じ場所を通る度に考えていたのだが、最近になってさらに「無理」が加わっていた。
JR駅の構内からメトロの地下道に渡るまでのほんの10数メートル間を屋根でカバーして雨風を避けることができるようにもするらしい。
確かに助かるけれどもそこまでやるのか…

人間の欲望や欲求というものにはキリがない。

2012-06-03 08:00

Posted from DPad on my iPad

人間のほうを研究しています

20120529123601

最近また、自分の今後の身の振り方、行く末を考えている。
これまでも折に触れて繰り返して考えてはいる。
例えばそれがある程度明確な指針のようなものにまでできれば個人人生のミッションステートメントとも言える。

自分のミッションステートメントを考えてみた | deathhacks

ミッションステートメント、と言ってしまうと何かクレドや年間計画のように、行動や決心を縛る制約としての面が大きい気もしてくるので、もう少しゆるく、あらためて自分が何を好むのか、今何に興味があるのか、何をして何を考えているときが一番楽しくて興奮するのかを観察してみる。

今の興味対象は断然「人間」だ。
しかし、人間に興味がないとか言い出す人がいたらちょっとしたビョーキだろう。
また、人間観察と言えば、他人に趣味を聞かれて何か無難に回答しておいたみたいな印象も受ける。

「人間」をテーマにすると言っても、その切り口は様々だ。

人間を個体・個人として見ることもできるし、人間同士の繋がりを考えるとそれは社会というものを観察することになっていく。

人間のトラブルを身体的に捉えれば医学や・科学・化学などがものさし・ツールとして役に立つ。
心理やストレスという精神的な面を見ていけばカウンセリングやPTSDなどの括りになる。

人間としてのトータルな幸せとは何か、と考え詰めていけば快や不快を扱い、法律や政治・宗教などに向かってもいい。

会社や人事、災害、数学、うつ、楽しみ、心、争いなど、当然と言えば当然だが、この世に人間がその存在を認識したからには人間と無関係のものは結局あり得ない。

ということで、今の自分については焦点はまとまらないし、まとめなくても良いと思うのだが、人間やその「周辺」を、広く、ときに深く興味の赴くままに生活している。

2012-06-01 07:00

Posted from DPad on my iPad