トライアスロンってこんなに面白かったのか!

たまたまテレビでトライアスロンの世界選手権を観戦したら相当面白かった。

1. 心技体、つまり精神力・知力、テクニック、体力のすべてが求められる競技である

これは当たり前のことかもしれない。
しかし、徐々に興味を持ってきて色々な知識が自分に入ると、選手の凄さに感動する。
スイム、バイク、ランのすべてが得意という選手は基本的にいない。
スイムやバイクはランに比べると技術面の差が出てくる。
しかし最後にはトータルで勝る選手がランで逆転勝ちをするパターンが決して少なくない。
これがマラソンや水泳単一の競技だとあまり順位の入れ替わりがないのではないか。

2. 命懸けのレースでもある

これはほぼバイクについてだけ当てはまるかもしれない。
落車でアスリート生命やそのシーズン、あるいは本当に命までを失うことがありうる。
その中でもレースやシリーズ総合の順位や勝利を目指して駆け引きしつつも競り合うことになる。

3. 駆け引きがそこかしこにみられる

スイムからバイク、バイクからランへのトランジションにはテクニックと駆け引きが総合して出てくるし、それが順位に影響してくる。
見ていた中では、
・シリーズ総合優勝を目指すためにポイントトップの選手が途中棄権や1レースまるごとDNSしたりする戦略がありうる
・バイクで自分に有利な展開にするために、スイムトップの選手があえて全力を出さずにグループの人数などをコントロールしようとしたりする
・国ごとや選手間で一種の同盟を組んで、ターゲットにした上位選手に対抗したりもする

まとめ

まだまだ「すぐ自分でやってみたい!」というまでの情熱はないが「いつかやってみたい」くらいの興奮は感じる。
自分はランはまあ人並みくらいにはできそうだけど、スイムとバイクはなかなか手が出しにくいかと思う。
2014年の世界選手権は最終第8戦まで終了してしまったが、他の大会やレース、オリンピックなどに注目してみたい。

2014-09-17 13:00