寝床でiPhoneで睡眠学習 – iPhoneを使うと人生の密度が数倍になる


R1008021

時間は誰にでも平等で24時間以上でも以下でもない。
しかし24時間あってもそれを丸々自由に使えるわけではない。
大ざっぱに言って睡眠に8時間、仕事(食いぶちを稼ぐ)に8時間、その他に移動や生活時間(食事や洗濯、買い物など)を充てるのならば、知的生産に向ける時間は1〜2時間、せいぜい数時間程度だ。

iPhoneを使えばあなたがベッドの上にいる時間のうち、本当に眠っている以外の時間が学びの時間になる。
私の場合、床に就いてから「さあっ、眠るか!」となるまでiPhoneでメールを確認したり、アイデアを固めたり、調べものをしたり、iTSやAmazonを利用したりしている。
特に何かテーマや目標を決めて勉強をしているということではない。
ひたすら自分の人生をより充実するための活動を寝入る直前までしている。
場合によっては寝つけないこともあるが、そんな時間もiPhoneがあればまったく苦痛や悩みとはならない。
ひたすらがむしゃらに、純粋に、「生き」ている。

寝起きも基本的には一緒だ。
たいてい早寝をしているから4時くらいには自然に目が覚める。

9時5時生活をネタにしています | deathhacks

調子がいいと1時や2時、土日にさらに早くに寝ると、24時を過ぎて日付が変わる前に睡眠が足りてしまって起きてしまうことすらある。
起きてから、実際に着替えたりして生活を始動し始めるまではiPhoneにまたベッタリだ。
寝る前と同じく、メールや思考、ブログのネタ合わせ、その日のタスク調整などをする。

もうこの寝床での思考やシミュレーションが、生きていく上でのメインで、起きて身体を動かして現実と関わる時間はそれらを実際に形にするだけ、という気もする。
欠点は、モノにもよるが、半覚醒状態での活動だから、「本当に自分の人生に必要だと思えること、好きなこと」しかできないだろうということくらいだ。

寝る前にケータイをいじると眠りにくくなったり睡眠の質が落ちるとの指摘もある。
休むときくらいは仕事や生活のことを頭から消して切り替えなくては昼間の効率は上がらない、と言う人もいる。
しかし、私には関係ない。
質はわからないが、睡眠時間は十分に足りている。
昼間に疲れを感じるということも特にない。

冒頭に出した通り、あなたの知的生産時間が1日に1〜2時間だとしたら、iPhoneで入眠前と覚醒後の時間を活用することでそれが数倍になる。

2011-04-30 08:00

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください