一流になるために必要な迷いのない狂気

R0011579

その分野でやっていけるか迷っている人が、自分の方向性を疑わないで向かっている人に勝てるわけはありません。
迷いがないということはある意味狂気だとも言えます。

呼吸のし方や歩き方などを意識しているのは初級レベルです。

努力や継続を淡々と特別なことだと感じない、しないでやっていくことが一流であったり、「何か」をなすための条件の一つでしょう。
そこには疲れや飽きという現象はないはずですから。

R0011578

2010-09-20 07:00

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください